【改訂・刷新された過活動膀胱診療ガイドライン】 改訂の要点 アルゴリズムから読み解く

500円 (税別)

獲得ポイント 5pt (1%還元)

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】2005年に『過活動膀胱診療ガイドライン』が刊行されてからすでに10年が経過し、「過活動膀胱」「OAB(overactive bladder)」という用語と概念、そして「OABがQOLに大きく影響し、患者数が非常に多い病態であること」は広く普及し定着した。現在では、エビデンスの明らかな薬物療法は貼付剤も含めて7種類以上の抗コリン薬と本邦で開発されたβ3受容体作動薬があり、神経変調療法では本邦独自の磁気刺激療法が2014年にはじめて健康保険適用となるなど、選択肢は非常に多くなった。こうした背景から「第2版」を発刊した。本ガイドラインは、一般医家および泌尿器科医を対象とした診断および治療のガイドラインである。本ガイドラインでは一般臨床医に役立つように、実臨床での疑問点に対応できるようなCQ(クリニカル・クエスチョン)を27個採用した。

無料立ち読み(2ページ)

カゴに追加 500 円(税別)

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】2005年に『過活動膀胱診療ガイドライン』が刊行されてからすでに10年が経過し、「過活動膀胱」「OAB(overactive bladder)」という用語と概念、そして「OABがQOLに大きく影響し、患者数が非常に多い病態であること」は広く普及し定着した。現在では、エビデンスの明らかな薬物療法は貼付剤も含めて7種類以上の抗コリン薬と本邦で開発されたβ3受容体作動薬があり、神経変調療法では本邦独自の磁気刺激療法が2014年にはじめて健康保険適用となるなど、選択肢は非常に多くなった。こうした背景から「第2版」を発刊した。本ガイドラインは、一般医家および泌尿器科医を対象とした診断および治療のガイドラインである。本ガイドラインでは一般臨床医に役立つように、実臨床での疑問点に対応できるようなCQ(クリニカル・クエスチョン)を27個採用した。

レビューはありません レビューを書く
書籍の詳細

書籍一覧14冊の書籍

1~14件/14件 を表示

  • 1
  • 1

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。