Cancer biology and new seeds 抗体と殺細胞性抗がん剤の複合体

500円 (税別)

獲得ポイント 5pt (1%還元)

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】殺細胞性抗がん剤は、強い抗腫瘍効果をもつが有害反応が強く、治療域も狭い。一方でモノクローナル抗体医薬は、特異的な標的分子に結合して抗腫瘍効果を発揮する。近年、この両者の特徴を活かした薬剤である抗体-薬物複合体(ADC)の登場により、強い抗腫瘍効果を維持しつつ副作用を軽減することが可能となった。ADCに欠かせない構成要素には、(1)腫瘍抗原、(2)輸送する抗体、(3)化学的結合(方法、部位、結合数)、(4)リンカー、(5)結合させる抗がん剤があり、これらの工夫により、治療効果と安全性に優れたADCが創製されている。現在、日本で承認が得られているADCには、ゲムツズマブ オゾガマイシン、ブレンツキシマブ ベドチン、トラスツズマブ エムタンシン(T-DM1)がある。今後の課題としては、耐性機構の解明とその克服が挙げられ、今まで以上に腫瘍選択性や抗腫瘍効果の高いADCの登場に期待が寄せられる。

立ち読み(2ページ)

カゴに追加 500 円(税別)

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】殺細胞性抗がん剤は、強い抗腫瘍効果をもつが有害反応が強く、治療域も狭い。一方でモノクローナル抗体医薬は、特異的な標的分子に結合して抗腫瘍効果を発揮する。近年、この両者の特徴を活かした薬剤である抗体-薬物複合体(ADC)の登場により、強い抗腫瘍効果を維持しつつ副作用を軽減することが可能となった。ADCに欠かせない構成要素には、(1)腫瘍抗原、(2)輸送する抗体、(3)化学的結合(方法、部位、結合数)、(4)リンカー、(5)結合させる抗がん剤があり、これらの工夫により、治療効果と安全性に優れたADCが創製されている。現在、日本で承認が得られているADCには、ゲムツズマブ オゾガマイシン、ブレンツキシマブ ベドチン、トラスツズマブ エムタンシン(T-DM1)がある。今後の課題としては、耐性機構の解明とその克服が挙げられ、今まで以上に腫瘍選択性や抗腫瘍効果の高いADCの登場に期待が寄せられる。

レビューはありません レビューを書く
書籍の詳細

書籍一覧20冊の書籍

1~20件/20件 を表示

  • 1
  • 1

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。