Pharmacogenomics and biomarker 免疫チェックポイント阻害療法とDNAミスマッチ修復欠損

500円 (税別)

獲得ポイント 5pt (1%還元)

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】1981年以降、日本ではがんが死亡原因の第1位となっており、現在でもその上昇傾向に歯止めがかかっていない。2013年のがんによる死者は約36万5千人、全死亡者に占める割合は28.8%であり、これは、この年の全死亡者の約3.5人に1人ががんで死亡した計算になる。免疫療法は、外科療法、化学療法、放射線療法に続く第4の治療法として近年急速に発展してきた。なかでも、治療抵抗性の一因となっているがんの免疫抑制環境を破壊することで治療効果を発揮する「免疫チェックポイント阻害療法」は、これまでにない優れた臨床効果を示す革新的治療法であり、いくつかの阻害薬はすでに承認薬として臨床応用されている。また、現在でも世界各国で盛んに臨床試験が行われており、そのなかから新たな発見が次々と報告されている。本稿では、がんの免疫チェックポイント阻害療法における効果予測バイオマーカーとして大きな注目を集めているDNAミスマッチ修復欠損と変異由来がん新生抗原について解説する。

無料立ち読み(2ページ)

カゴに追加 500 円(税別)

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】1981年以降、日本ではがんが死亡原因の第1位となっており、現在でもその上昇傾向に歯止めがかかっていない。2013年のがんによる死者は約36万5千人、全死亡者に占める割合は28.8%であり、これは、この年の全死亡者の約3.5人に1人ががんで死亡した計算になる。免疫療法は、外科療法、化学療法、放射線療法に続く第4の治療法として近年急速に発展してきた。なかでも、治療抵抗性の一因となっているがんの免疫抑制環境を破壊することで治療効果を発揮する「免疫チェックポイント阻害療法」は、これまでにない優れた臨床効果を示す革新的治療法であり、いくつかの阻害薬はすでに承認薬として臨床応用されている。また、現在でも世界各国で盛んに臨床試験が行われており、そのなかから新たな発見が次々と報告されている。本稿では、がんの免疫チェックポイント阻害療法における効果予測バイオマーカーとして大きな注目を集めているDNAミスマッチ修復欠損と変異由来がん新生抗原について解説する。

レビューはありません レビューを書く
書籍の詳細

書籍一覧20冊の書籍

1~20件/20件 を表示

  • 1
  • 1

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。