【要介護・寝たきりになんてさせない!高齢透析患者の転倒・骨折と誤嚥性肺炎 -サルコペニア・フレイル・ロコモって何?-】 図解!高齢透析患者の体をのぞいてみよう! 高齢透析患者の筋肉

700円 (税別)

獲得ポイント 7pt (1%還元)

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】高齢透析患者における筋肉と筋力の重要性 1989年に、Irwin Rosenbergが加齢に伴う筋量の低下現象を「サルコペニア」と提唱しました。以来サルコペニアは、当初の加齢による「筋量の低下」に加えて、「筋力の低下」や「身体機能の低下」も含む病態として定義されてきましたが、2010年にEuropean Working Group on Sarcopenia in Older People(EWGSOP)から、実用的な臨床定義と診断基準の統一的見解が示されました。その意図するところは、サルコペニアの自然経過を調査し、効果的な治療法を早急に確立することでした。一方、わが国では日本老年医学会が2014年5月に、高齢者における筋力や活動性の低下状態を「フレイル(frailty)」と呼び、医療に携わる専門職に対して理解と予防・対策を喚起するステートメントを発表しています。

無料立ち読み(2ページ)

カゴに追加 700 円(税別)

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】高齢透析患者における筋肉と筋力の重要性 1989年に、Irwin Rosenbergが加齢に伴う筋量の低下現象を「サルコペニア」と提唱しました。以来サルコペニアは、当初の加齢による「筋量の低下」に加えて、「筋力の低下」や「身体機能の低下」も含む病態として定義されてきましたが、2010年にEuropean Working Group on Sarcopenia in Older People(EWGSOP)から、実用的な臨床定義と診断基準の統一的見解が示されました。その意図するところは、サルコペニアの自然経過を調査し、効果的な治療法を早急に確立することでした。一方、わが国では日本老年医学会が2014年5月に、高齢者における筋力や活動性の低下状態を「フレイル(frailty)」と呼び、医療に携わる専門職に対して理解と予防・対策を喚起するステートメントを発表しています。

レビューはありません レビューを書く
書籍の詳細
  • 書籍名: 【要介護・寝たきりになんてさせない!高齢透析患者の転倒・骨折と誤嚥性肺炎 -サルコペニア・フレイル・ロコモって何?-】 図解!高齢透析患者の体をのぞいてみよう! 高齢透析患者の筋肉
  • 著者名: 松嶋哲哉(才全会賀茂クリニック)
  • eBookJapan発売日: 2016年06月17日
  • 出版社: メディカ出版
  • 連載誌・レーベル: 透析ケア
  • 電子書籍のタイプ: 画像型
  • ページ数: 5ページ
  • 立読ページ数: 2ページ
  • ファイルサイズ: 2.1MB
  • 関連ジャンル: 専門書 医学医学・看護専門誌透析ケア臨床看護透析
  • 対応デバイス: WindowsMaciPhoneiPadAndroidブラウザ楽読み

書籍一覧22冊の書籍

1~22件/22件 を表示

  • 1
  • 1

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。