【要介護・寝たきりになんてさせない!高齢透析患者の転倒・骨折と誤嚥性肺炎 -サルコペニア・フレイル・ロコモって何?-】 ナースにできる!転倒・骨折の防ぎかた 転倒・骨折が患者の生活におよぼす影響

700円 (税別)

獲得ポイント 7pt (1%還元)

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】高齢透析患者の転倒・骨折 透析患者の高齢化に伴い、転倒とそれに続発する骨折や寝たきりなどの障害が多くなっています。『平成18年版 高齢社会白書』によると、60歳以上の高齢者の転倒事故は、自宅内で「この1年間に転んだことがある」が10.6%、転倒によるけがとして「骨折」が12.0%、さらに、そのけががその後の生活に与えた影響として「常時、介護や介助が必要となった」とした者が5.7%とあります。このことから、自宅内での転倒が重大なけがにつながるケースが存在することがわかります。これは高齢透析患者も例外ではなく、むしろ危険性は高くなると予想されます。

無料立ち読み(2ページ)

カゴに追加 700 円(税別)

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】高齢透析患者の転倒・骨折 透析患者の高齢化に伴い、転倒とそれに続発する骨折や寝たきりなどの障害が多くなっています。『平成18年版 高齢社会白書』によると、60歳以上の高齢者の転倒事故は、自宅内で「この1年間に転んだことがある」が10.6%、転倒によるけがとして「骨折」が12.0%、さらに、そのけががその後の生活に与えた影響として「常時、介護や介助が必要となった」とした者が5.7%とあります。このことから、自宅内での転倒が重大なけがにつながるケースが存在することがわかります。これは高齢透析患者も例外ではなく、むしろ危険性は高くなると予想されます。

レビューはありません レビューを書く
書籍の詳細
  • 書籍名: 【要介護・寝たきりになんてさせない!高齢透析患者の転倒・骨折と誤嚥性肺炎 -サルコペニア・フレイル・ロコモって何?-】 ナースにできる!転倒・骨折の防ぎかた 転倒・骨折が患者の生活におよぼす影響
  • 著者名: 高橋妙子(佐藤循環器科内科看護部)
  • eBookJapan発売日: 2016年06月17日
  • 出版社: メディカ出版
  • 連載誌・レーベル: 透析ケア
  • 電子書籍のタイプ: 画像型
  • ページ数: 4ページ
  • 立読ページ数: 2ページ
  • ファイルサイズ: 1.3MB
  • 関連ジャンル: 専門書 医学医学・看護専門誌透析ケア臨床看護透析
  • 対応デバイス: WindowsMaciPhoneiPadAndroidブラウザ楽読み

書籍一覧22冊の書籍

1~22件/22件 を表示

  • 1
  • 1

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。