【5期モデル・プロセスモデルが、動画でバッチリわかる!脳神経病棟での摂食嚥下障害アセスメント&ケアポイント】 脳卒中(脳神経)患者の嚥下機能のアセスメント 嚥下内視鏡検査ってどんな検査?何がわかる?

700円 (税別)

獲得ポイント 7pt (1%還元)

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】<Check・Point>嚥下内視鏡検査はVEとも呼ばれ、機動性に優れ、ベッドサイドで実施できます。患者の負担も少なく被曝がありません。VEでわかる情報には、軟口蓋麻痺、鼻咽腔閉鎖不全、送り込み障害、唾液(痰)残留、咳反射、クリアランス、があります。経口摂取可否の判定は、VEによる情報に加え、高次脳機能障害、認知症、姿勢保持、ADLなどを総合して行います。

無料立ち読み(2ページ)

カゴに追加 700 円(税別)

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】<Check・Point>嚥下内視鏡検査はVEとも呼ばれ、機動性に優れ、ベッドサイドで実施できます。患者の負担も少なく被曝がありません。VEでわかる情報には、軟口蓋麻痺、鼻咽腔閉鎖不全、送り込み障害、唾液(痰)残留、咳反射、クリアランス、があります。経口摂取可否の判定は、VEによる情報に加え、高次脳機能障害、認知症、姿勢保持、ADLなどを総合して行います。

レビューはありません レビューを書く
書籍の詳細

書籍一覧25冊の書籍

1~25件/25件 を表示

  • 1
  • 1

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。