【このトラブル、読める?気付ける?どう対応する?3ステップでらくらくクリア!グラフィックモニター講座】 3ステップでらくらくクリア!Auto-PEEP

700円 (税別)

獲得ポイント 7pt (1%還元)

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】Case 人工呼吸管理中の超低出生体重児です。生後4週間が経過し、慢性肺疾患(CLD)を発症しました。人工呼吸器設定は、SIMVモード(PIP 22cmH2O、PEEP 6cmH2O、Ti 0.5秒、呼吸回数40回/分、FIO2 0.25)でした。経皮二酸化炭素分圧(tcPCO2)が徐々に上昇したため血液検査を行った結果、pH 7.22、PCO2 66mmHgであり、pH低下を伴う高二酸化炭素血症を認め、当直中の若手医師は人工呼吸器条件を変更することにしました。「PCO2を下げるには分時換気量を増加させる(PIPを上げる、または呼吸回数を増やす)ことが必要」という知識があり、「肺にやさしい呼吸管理を行うためにPIPは高くしたくない」という思いがあったので、呼吸回数を40から50回/分に変更しました。

無料立ち読み(2ページ)

カゴに追加 700 円(税別)

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】Case 人工呼吸管理中の超低出生体重児です。生後4週間が経過し、慢性肺疾患(CLD)を発症しました。人工呼吸器設定は、SIMVモード(PIP 22cmH2O、PEEP 6cmH2O、Ti 0.5秒、呼吸回数40回/分、FIO2 0.25)でした。経皮二酸化炭素分圧(tcPCO2)が徐々に上昇したため血液検査を行った結果、pH 7.22、PCO2 66mmHgであり、pH低下を伴う高二酸化炭素血症を認め、当直中の若手医師は人工呼吸器条件を変更することにしました。「PCO2を下げるには分時換気量を増加させる(PIPを上げる、または呼吸回数を増やす)ことが必要」という知識があり、「肺にやさしい呼吸管理を行うためにPIPは高くしたくない」という思いがあったので、呼吸回数を40から50回/分に変更しました。

レビューはありません レビューを書く
書籍の詳細

書籍一覧15冊の書籍

1~15件/15件 を表示

  • 1
  • 1

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。