私の忘れられない症例 危機介入するタイミングの有効性を痛感した症例 ゴーランのモデルを用いた介入より

700円 (税別)

獲得ポイント 7pt (1%還元)

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】その日、救急外来に訪れた患者は、突然幻覚症状が出現した10代の患者でした。患者は数時間前から幻覚が生じ、正常な会話ができず静座不能な状態でした。付き添いは父親だけであり、情報収集を行おうと試みましたが「分からない」「どうなるんだ」と怒りの表情で、誰とも視線を合わせることがありませんでした。患者は症状出現の初期であり、予期せぬ行動を起こす可能性があると考え、人員を確保し観察と安全防止に努めました。私は、看護の対象が患者と父親であることをスタッフへ伝え、全身で危機を表現している父親への危機介入を開始しました。父親にとって患者の受診は予期せぬ出来事であり、まさにゴーランのモデルでいう「危険な出来事」です。「どうなるんだ」という言葉は、未来を危惧する恐れであり、それは怒りという形で表現され、父親は「脆弱な状態」に置かれていると考えました。

カゴに追加 700 円(税別)

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】その日、救急外来に訪れた患者は、突然幻覚症状が出現した10代の患者でした。患者は数時間前から幻覚が生じ、正常な会話ができず静座不能な状態でした。付き添いは父親だけであり、情報収集を行おうと試みましたが「分からない」「どうなるんだ」と怒りの表情で、誰とも視線を合わせることがありませんでした。患者は症状出現の初期であり、予期せぬ行動を起こす可能性があると考え、人員を確保し観察と安全防止に努めました。私は、看護の対象が患者と父親であることをスタッフへ伝え、全身で危機を表現している父親への危機介入を開始しました。父親にとって患者の受診は予期せぬ出来事であり、まさにゴーランのモデルでいう「危険な出来事」です。「どうなるんだ」という言葉は、未来を危惧する恐れであり、それは怒りという形で表現され、父親は「脆弱な状態」に置かれていると考えました。

レビューはありません レビューを書く
書籍の詳細

書籍一覧12冊の書籍

1~12件/12件 を表示

  • 1
  • 1

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。