REPORT 第16回アジア静脈経腸栄養学会学術大会(The 16th Congress of PENSA)

700円 (税別)

獲得ポイント 7pt (1%還元)

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】“熱い”学術集会が日本で開催 「第16回アジア静脈経腸栄養学会学術大会」が、2015年7月24日(金)~26日(日)に名古屋国際会議場(愛知県名古屋市)で行われた。高知県で開催された第8回の学術大会に参加して以来、2回目の参加となった。大会長の東口高志先生(藤田保健衛生大学医学部外科・緩和医療学講座教授)の師であるJosef E. Fischer先生をはじめとする多くの医学会のレジェンドが来日され、アジア諸外国や欧州臨床栄養代謝学会(ESPEN)、米国静脈経腸栄養学会(ASPEN)、日本静脈経腸栄養学会(JSPEN)、さらには中国静脈経腸栄養学会(CSPEN)から、多数の参加があったことは歴史的な出来事であり、まさにアジアの静脈経腸栄養学会にふさわしい、その日の晴天に勝る “熱い”学術集会となった。

無料立ち読み(2ページ)

カゴに追加 700 円(税別)

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】“熱い”学術集会が日本で開催 「第16回アジア静脈経腸栄養学会学術大会」が、2015年7月24日(金)~26日(日)に名古屋国際会議場(愛知県名古屋市)で行われた。高知県で開催された第8回の学術大会に参加して以来、2回目の参加となった。大会長の東口高志先生(藤田保健衛生大学医学部外科・緩和医療学講座教授)の師であるJosef E. Fischer先生をはじめとする多くの医学会のレジェンドが来日され、アジア諸外国や欧州臨床栄養代謝学会(ESPEN)、米国静脈経腸栄養学会(ASPEN)、日本静脈経腸栄養学会(JSPEN)、さらには中国静脈経腸栄養学会(CSPEN)から、多数の参加があったことは歴史的な出来事であり、まさにアジアの静脈経腸栄養学会にふさわしい、その日の晴天に勝る “熱い”学術集会となった。

レビューはありません レビューを書く
書籍の詳細

書籍一覧21冊の書籍

1~21件/21件 を表示

  • 1
  • 1

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。