書籍の詳細

あの時、君のそばにいた人を。君を見つめていた人を。どれだけ、思い出せますか? 懐かしい時代、ありふれた田舎の町の少年と彼を見守る大人たちの物語。不安と安堵の狭間を描く憧憬ヒューマンストーリー。

総合評価
5.0 レビュー総数:1件
評価内訳
  • 0件
  • 0件
  • 0件
  • 0件

こども・おとなのレビュー一覧

絞込み条件
  • レビュアー絞込み
表示形式
  • 表示件数
  • 表示順
  • 何も起きない でも何かが残る
    小学校の授業が土曜もあった頃の時代の、子供目線の日常話。
    取り立てて大きな事件が起きるワケでもなく、愛も恋もまだまだ。
    淡々と、あくまでも淡々と日常が描かれる。
    それでいて読後になんとも表現し難い感触が残る。短編集よりはキツい話は無いです。
    • 参考になった 0
    投稿日:2016年06月17日