書籍の詳細

「絶対誰にもわたさねえ」の言葉と共に、源介に抱きしめられた惣五郎(そうごろう)。「いつか絶対『おれも』って言わせてやるから」とだめ押しまでされてしまう。意識しすぎて態度がぎこちなくなる惣五郎に、源介(げんすけ)は、今すぐどうこうではないから、あまり気にしないでほしいと言ってくる。惣五郎だってこの舞台は成功させたい。ひとまず稽古に専念する二人だが……? いよいよ二度目の共演舞台「三人吉三」の幕が開く――。梨園(りえん)の御曹司同士の恋絵巻!!

総合評価
3.0 レビュー総数:1件
評価内訳
  • 0件
  • 0件
  • 0件
  • 0件

花恋つらねのレビュー一覧

絞込み条件
  • レビュアー絞込み
表示形式
  • 表示件数
  • 表示順
  • どこに向かっている?
    著者買いです。安定の面白さではありますが,どこに向かっているのかよくわからないです。
    嶋木あこ「ぴんとこな」と同じジャンルなので微妙に内容がかぶるのも気になります。もう少し読んでみないとわかりませんが,2巻現在,若干の「?」感があることは否めません。
    • 参考になった 3
    投稿日:2017年04月19日