ヒロシマ「どろどろの人」 児童書、あえて悲惨さ隠さずに

200円 (税別)

獲得ポイント 2pt (1%還元)

「ズッコケ三人組」シリーズで知られる那須正幹さん。3歳の時、爆心地から3キロの実家で被爆した。構想6年、絵本「絵で読む広島の原爆」では、竜巻のような炎が被爆者を巻き上げる様子も表現した。「悲惨なものを子どもに見せないという風潮があるが、私はあえて見せる。強烈な体験に『出会う本』であってほしい」。「広島の姉妹」を書いた山本真理子さんも、瀕死状態の友を「どろどろの人」など悲惨さを隠さず表現した。「『戦争は怖い』と知ってもらいたいので。それでも実際の体験に比べたら3割引きぐらいの表現なんです」。広島で被爆した作家らが手がけた児童文学作品。体験はどのように伝えられてきたのか、作家たちに思いを聞いた。※本商品は通常の書籍より文字数の少ないマイクロコンテンツです。【文字数:5200文字/単行本換算で8ページ】

カゴに追加 200 円(税別)

「ズッコケ三人組」シリーズで知られる那須正幹さん。3歳の時、爆心地から3キロの実家で被爆した。構想6年、絵本「絵で読む広島の原爆」では、竜巻のような炎が被爆者を巻き上げる様子も表現した。「悲惨なものを子どもに見せないという風潮があるが、私はあえて見せる。強烈な体験に『出会う本』であってほしい」。「広島の姉妹」を書いた山本真理子さんも、瀕死状態の友を「どろどろの人」など悲惨さを隠さず表現した。「『戦争は怖い』と知ってもらいたいので。それでも実際の体験に比べたら3割引きぐらいの表現なんです」。広島で被爆した作家らが手がけた児童文学作品。体験はどのように伝えられてきたのか、作家たちに思いを聞いた。※本商品は通常の書籍より文字数の少ないマイクロコンテンツです。【文字数:5200文字/単行本換算で8ページ】

レビューはありません レビューを書く
書籍の詳細

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。