横浜1963

1300円 (税別)

獲得ポイント 13pt (1%還元)

歴史小説家・伊東潤の新境地、社会派ミステリー『横浜1963』戦後とは何だったのか。その答えは1963年の、日本と米国が混在する街 横浜にあった。東京オリンピック開催を来年に控え、明るい未来を夢見る日本。だが、米国との見えない壁が未だに存在していた。戦後昭和の横浜から、日本の影に焦点を当て、今日へも続く日米関係の始まりの構造を描く。物語は、長崎・佐世保と横浜の2つの殺人事件から始まる。遺体の腹は、いずれもネイビーナイフで切り裂かれていた。米兵による犯行の可能性が漂い、事件に深入りしたくないと及び腰になる神奈川県警は、「白人にしか見えないハーフの日本人」外事課のソニー沢田に捜査の任務を与える。次第に捜査にのめり込んでいくソニーは、米軍の協力を仰ぎ、日系アメリカ人SP ショーン坂口と出会う。運命とも言える出会いを果たした2人が、日米の壁を乗り越え、事件の真相に迫っていく。待ち受ける結末に、2人は、そして1963年に誘われたあなたは、何を見つけ、何を思うのか…

カゴに追加 1300 円(税別)

歴史小説家・伊東潤の新境地、社会派ミステリー『横浜1963』戦後とは何だったのか。その答えは1963年の、日本と米国が混在する街 横浜にあった。東京オリンピック開催を来年に控え、明るい未来を夢見る日本。だが、米国との見えない壁が未だに存在していた。戦後昭和の横浜から、日本の影に焦点を当て、今日へも続く日米関係の始まりの構造を描く。物語は、長崎・佐世保と横浜の2つの殺人事件から始まる。遺体の腹は、いずれもネイビーナイフで切り裂かれていた。米兵による犯行の可能性が漂い、事件に深入りしたくないと及び腰になる神奈川県警は、「白人にしか見えないハーフの日本人」外事課のソニー沢田に捜査の任務を与える。次第に捜査にのめり込んでいくソニーは、米軍の協力を仰ぎ、日系アメリカ人SP ショーン坂口と出会う。運命とも言える出会いを果たした2人が、日米の壁を乗り越え、事件の真相に迫っていく。待ち受ける結末に、2人は、そして1963年に誘われたあなたは、何を見つけ、何を思うのか…

  • 紙と同時
ユーザー評価なし レビューを見る
書籍の詳細
  • 書籍名: 横浜1963
  • 著者名: 伊東潤
  • eBookJapan発売日: 2016年06月08日
  • 出版社: コルク
  • 電子書籍のタイプ: リフロー型
  • ファイルサイズ: 2.0MB
  • 関連ジャンル: 小説・文芸小説・文芸 ミステリー
  • 対応デバイス: WindowsMaciPhoneiPadAndroidブラウザ楽読み

書籍一覧1冊の書籍

1~1件/1件 を表示

  • 1
  • 1

書店員のレビュー

 1960年、横浜に生まれ、横浜で育った作家・伊東潤にとって、1960年代とは何か。
 これまで歴史小説で5回直木賞候補に名を連ねてきた伊東潤初のミステリーとして話題の『横浜1963』(コルク、2016年6月8日配信)について、自身の公式ブログで「これからの時代、戦後の昭和も地続きではなくなり、歴史の世界に入っていくと思われます。つまり60年代もすでに歴史小説の守備範囲なのです。ミステリーでありながら歴史小説でもあるという新趣向」と語っています。
 7月19日に選考会が予定されている第155回直木賞にノミネートされている『天下人の茶』(文藝春秋、2015年12月25日配信)で、戦国の世にあって秀吉と壮絶な戦いを繰り広げた千利休の生と死を克明に描いている伊東潤が、1963年の横浜を舞台に起きた日本女性連続殺害事件の解明に挑む日米の捜査官を描いたミステリーが『横浜1963』です。

 主人公の日米二人の捜査官の一人は、神奈川県警外事課所属のソニー沢田。アメリカ人の父と日本人の母の間に生まれたハーフながら、見た目は白人で通る容貌と本牧の居留地で働くなかで身につけた英語力があったため、大学を出てはいないにもかかわらず県警の面接を通って警察官として採用された。もう一人米側の捜査官――米海軍横須賀基地犯罪捜査部所属の日系三世、ショーン坂口兵曹長は、米軍人、軍属の犯罪捜査を担当する憲兵です。見た目は白人のソニーに対し、ショーンの容貌は完全に日本人で、白人社会のアメリカでどう生きるか内面の葛藤を抱えていますが、単身、横須賀の基地に乗り込んできたソニーの熱意に応えて捜査協力を決意します。
 物語は日米の捜査官を軸に展開されていきますが、朝鮮戦争、そして激化するベトナム戦争が影を落とし、さらに日本とアメリカの間に横たわる差別感情が絡んで複雑な様相を呈し、捜査は困難を極めます。

 ポツダム宣言を受諾、無条件降伏をして、アメリカを中心とする連合国による占領統治が始まった1945年から17年たった1963年――日本は高度成長の入り口にあって、翌1964年東京オリンピックのための工事が急ピッチで進められていました。
 伊東潤は、歴史小説の手法そのままに、時代背景を綿密に描いていきます。巻頭に「昭和30年代(引用者注:1955年~1964年)の横浜中心部」と題する地図が掲載されています。
 元町から山手隧道・本牧隧道を本牧エリアに入るとPXがあり、道の両側には米軍住宅エリア。鮮烈に浮かびあがる1963年の横浜・本牧の状況――。

〈クルマは小港に差し掛かり、右手にPXが見えてきた。ここにはPXだけでなく銀行、映画館、クラブまであるので、正式には「Community Center of Honmoku Base Camp」と呼ばれている。その隣には、「Bill Chickering Theater」がある。本国とほぼ同時に最新作が封切られることで有名な映画館だが、ショーンは入ったことがない。
 AREA-1、AREA-2、そしてAREA-Xから成る米軍根岸住宅地区の中心が、この辺りである。さらにAREA-2の丘の上には、通称「Bay View」と呼ばれる高級将校向けの住宅地がある。
 この三つのAR EAは戦後、本牧・根岸地区で米軍が接収した地区の名称で、米国軍人用の居住区のことである。
 横須賀には基地内に居住区があるが、横浜には大きな基地があるわけではないので、こうした接収地を居住区としている。
 本牧通りを間に挟み、AREA-1は東側に、AREA-2は西側にある。さらにその西1キロメートルほどのところにAREA-Xがある。むろん、どこも日本人の立ち入りは禁止である。〉

 フェンスの向こう側に緑の芝生が広がる、日本人オフリミットの「アメリカ」だ。ちなみにこの時代、東京の代々木にも住宅、学校、劇場、教会などからなる米軍施設ワシントンハイツがありました。1964年の東京オリンピックを機に返還。選手村が建設され、現在は代々木公園、国立オリンピック記念青少年総合センター、国立代々木競技場、NHK放送センターとなっているところからも、東京のど真ん中にあった「日本の中のアメリカ」がいかに広大な施設であったかがわかります。

 横浜という町で育った著者は、その時代のアメリカ人と日本人について、自らの記憶を滲ませながらこんなふうに綴っています。

〈──たかが将校の女房のくせに。
 彼女たちはアメリカに帰れば一介の女性にすぎない。しかしここでは、貴婦人のような生活ができる。それが日本人に対する優越感となり、時には高慢な態度に出てしまう。その傾向は、将校本人よりも家族の方に強い。
 彼女たちは慈善活動などに協力することにより、自分が「よき米国人」であることをアピールするが、その仮面の下には、差別主義者の顔が見え隠れしている。
 ある時、汐入の駅前に佇む日本人の若者に、その手の貴婦人が声をかけるのを見たことがある。彼女はチップを払えば、すべての有色人種の若者が鞄を運ぶものと信じて疑わなかった。しかしその若者は何のことか分からず、きょとんとしている。致し方なくショーンが貴婦人に事情を説明してやると、さすがの貴婦人も状況をようやく理解し、「日本という国は変わっている」と呟いた。〉

 米軍基地が集中する沖縄で、米軍関係者による日本女性に対する性犯罪が繰り返されています。伊東潤が〈仮面の下には、差別主義者の顔が見え隠れしている〉と綴る『横浜1963』で浮かび上がる日本とアメリカの姿は、沖縄の現在に通底しています。

 日本女性連続殺人事件と書いてきましたが、もともとソニー沢田がショーン坂口に捜査協力を申し入れたのは――食品会社勤務の赤沢美香子強姦殺人事件についてでした。横浜港に浮かんだ全裸死体の爪の間に髪の毛――金髪が残されていたこと、埠頭の夜警によって「白い大きな車」が目撃されていたこと、腹部に残されていた刺し傷の特徴からネイビーナイフの可能性が出てきたことから、米軍将校の関与が疑われた。しかし具体的な手がかりが得られないまま、事件が暗礁に乗り上げた時、ソニーはある米軍将校と被害者の意外な接点を掴みます。
 捜査状況を英文報告書にまとめたソニーは、報告書を横須賀の犯罪操作部に送った上で、ショーンを訪ねます。しかし、ショーンの対応はけんもほろろといった厳しいものでした。少し長くなりますが、引用します。

〈……さて、お送りいただいた報告書ですが──」
 ショーンが大判の封筒から報告書を取り出した。
「すでに目を通させていただきました」
「ありがとうございます」
「しかしながら、これだけでロドニー・エイキンス中佐を尋問することはできません」
 結論は率直で明確な方がよい、とソニーも思う。しかしその単刀直入な物言いは、明らかに日本人のものではない。
「日米地位協定の問題ですか」
「いいえ。それ以前の問題です。われわれは人権を重んじます。証拠もなく疑わしいというだけで、個人の尊厳を傷つけることはできません」
 当初の友好的な態度とは裏腹に、まさにけんもほろろである。
「目撃情報か、物的証拠が必要というわけですね」
「そうしたものも参考にはなるでしょう。しかし、米軍関係者の目撃証言でもない限りは無理ですね」
 しょせん日本人の目撃証言や、日本人の見つけた証拠など、あてにはならないと言いたいのだ。
「それでは、何の手も打っていただけないということですね」
「お気の毒ですが」
「こうした犯行には、連続性があります。犯行が繰り返されれば──」
 ソニーの言葉にかぶせるように、ショーンが言った。
「これ以上、この件でお話を続けても、生産的ではありません」
「それではあなたは、このまま犯人をのさばらせておいてもよいとお考えですか」
「そんなことは言っていません。私は、これだけの情報で米軍士官を尋問するなどナンセンスだと言っているのです」
 二人の間の空気が凍る。(中略)
──日本は、いまだ占領下にあるのだ。
 久しぶりに、その事実を突き付けられた気がする。〉

 夏休み気分が一掃された9月17日夕方、ショーンはソニーの2度目の訪問を受けます。ソニーは、二人目の被害者が出たという日本の新聞を示しながら、同じ手口から同一犯と見られること、死体発見場所は本牧からも近いフランス山であること、被害者が本牧の米軍住宅地区で子供たちに日本語を教えていた横浜国大の女子学生であったことを伝えます。
 現場写真を手に詰め寄るソニーに対し、一度は「可哀想に」と漏らしたショーンは、
「日本で何が起ころうと、犯人が米軍関係者だという明確な証拠がなければ無視する。それが鉄則だ」
 冷静さを取り戻して言います。

〈「ネイビーナイフらしき切り口と、被害者が米軍住宅地区で日本語を教えていたというだけでは、米軍関係者が被疑者であるという証拠にはならない」
「あなたは、それでいいのですか」
「私が──、だと」
 ソニーの鋭い眼差しがショーンに注がれる。〉

「Do the right thing(正しいことをやれ)」が口癖だった祖父。その信条を守ったが故に行方不明となった後、水死体で発見された祖父を反面教師に「米国で生きたいなら、白人に逆らってはいけない」と言い残した父。二人の間で揺れ動くショーンの思い。

〈父さん、俺はあんたのように賢くはなれない〉

 ショーンは胸ポケットからキーを取り出して机の鍵を開けると、分厚いファイルを取り出します。横浜で二つの殺人事件が起きる数か月前、前年の秋の九州佐世保・柿ノ浦漁港の女性教師殺害事件に関するファイルでした。腹部に残された刺し傷が、横浜の事件と同一犯による犯罪であることを強く示唆していた。
 憑(つ)かれたように、ファイルに見入るソニー。
「それじゃ、俺が海軍を解雇されたら雇ってくれるな」
 いま、この瞬間、俺の人生が変わったと覚悟した日系三世の、米国人らしいジョークだ。

 1953年(昭和28年)、日本政府は「重要な案件以外、日本側は裁判権を放棄する」という密約に合意しています。それを知った上で二人の捜査官は一緒に行動を開始し、犯人と被害者が白のポンティアック・テンペストに乗っていたという目撃証言を得ます。二人が証言者から話を聞いたのは、本牧のレストラン「Golden Cup」。伝説のGSバンド「ゴールデンカップス」誕生の店です。1960年代の横浜、本牧の匂いが漂ってくるようで、あの時代を懐かしく思い出させてもくれます。
 とまれ、アングロサクソンの容貌の日本人警察官と日本人の顔をしたアメリカ人捜査官は〝占領状況〟の壁を乗り越えて驚愕の真実を明らかにしていきます。時代・歴史小説の旗手によるスピード感溢れるミステリー。一気読みの充実感に満たされました。(2016/7/1)
  • 参考になった 2

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。