エルネオス (ELNEOS) 2017年7月号

790円 (税別)

獲得ポイント 8pt (1%還元)

情報感度を研ぎ澄ます!!―ビジネス情報誌EL NEOS ●[感度を磨くビジネス情報]●■巻頭リポート●囁かれ始めた安倍一強「崩壊シナリオ」●「ポスト安倍」の政局が動き出した●■石油業界●製油所の運転状況に法的に行政介入●資源エネルギー庁のさらなる愚策●■米長期金利に謎の動き●株高でも長期金利が低下する●イエレン・コナンドラム現象●■カジノは無駄な箱ものか●自治体のカジノ依存症に●一石を投じた「横浜の乱」●■スマホビジネス●ニューズピックス成功の裏で●既存メディアからは不満の声●■ジャーナリズム論考――北岡和義(ジャーナリスト)●現代史を検証する大著『昭和解体』●権力に翻弄された人々を語る●■IoTの新たな動き●IoTデータ取引の活性化へ決め手はオープン化と共有化●■大阪鉄道新線構想●JR西と南海が相互乗り入れへ、訪日客増加でも不安山積の未来●■インフラ輸出の弱体化●中国「一帯一路」構想に協力? 安倍首相の翻意は自信のなさか●■原発事故の重い代償●新再建計画に「同業の壁」、東電・川村新体制に早くも暗雲●■《シリーズ》中国の実相(3)――初田宗久(香港在住・中国企業アシスタント)●中国で爆発的に普及するシェア自転車産業、400億円市場を取り合う激烈な争奪戦●■「相談役」無用論●「東芝問題」を契機に問われる企業の「相談役」の存在意義●■〈シリーズ〉メディア激動時代(100)──神余心●世界的に窮屈さ増す「報道の自由」●政権の圧力で狭まる「知る権利」●■〈シリーズ・世界は今〉(27)EU離脱決定後の英国──宮崎正弘(国際エコノミスト)●ビートルズやシェイクスピアらを生み●世界経済を主導する大英帝国の栄光と挫折●[連載企画]●■キーパースン──ミサワホーム/磯貝匡志新社長●トヨタ自動車時代に学んだ教訓で「笑顔のリレー」の体制づくり●■佐藤優の情報照射「一片一条」第129回●窮地に追い込まれた「イスラム国」●戦線拡大で標的にされるエジプト●■硬派経済ジャーナリスト磯山友幸の「生きてる経済解読」(75)●国家戦略特区は首相の意向で決まるか?●背景に官邸と文科省の根深いバトル●■早川和宏のベンチャー発掘(215)──東京都中央区/Quiree株式会社[前編]●楽器演奏での「挫折」をなくす活動で●7億2000万人の音楽愛好家を生み出す●■元木昌彦のメディアを考える旅234──神津里季生氏(日本労働組合総連合会会長)●「官制春闘」はメディアの誤解●共産党との選挙協力はあり得ない●[世界を俯瞰する情報群]●■国際トピックス●◇米国企業/世界的に人気が高まる「環境債」、米アップルが2回目の大型発行●◇欧州企業/注目の仏ルノーの株主総会でゴーン氏の高額報酬を可決●◇中東外交/トランプ米大統領の中東歴訪はアラブの大衆に懸念を残した●■来日ビジネスマンの主張(213)──レオナルド・ルッソ氏(イタリア航空業協会・委託調査員、航空アナリスト)●アリタリア航空の破綻後も日本─イタリア直行便存続か●[連載コラム]●■巻頭言「佐伯啓思の賢者に備えあり」●AI(人工知能)は新世紀を拓くのか●■時代をつかむニュースコラム●「情報スクランブル」●・ほころび見える安倍外交、戦略転換で中国に歩み寄り●・次期衆院選に向け甘利氏が党役員で復権か●・橋下徹前大阪市長に国政進出待望論●・いつ終わる? 自治体の北ミサイル避難訓練●・三菱東京UFJ銀頭取突然の退任の真相とは●・文科省スキャンダルで金融庁も再就職ストップ●・原料調達見直しに見る新日鉄住金の苦境●・親会社同士のバランスでJ:COM新展開に霧●・なぜか手法が瓜二つの獣医学部と医学部の新設●・政官財が注目する丹羽宇一郎氏の新著●・富士ゼロックスにメス、古森富士フイルムHD会長●・山口県岩国市に沸く米軍移転バブル●・センバツに見る毎日新聞と加計学園との“密着”●・思惑が外れたNISA、最大ネックはマイナンバー●・金融職員も率先垂範、「積立NISAを始めます」●・「安倍一強」にひれ伏す? 検察・警察に出る疑問●・ソフトバンクがまたロボット開発会社を買収●・米ヤフーついに「解体」ネット普及牽引の歴史に幕●・抗生物質・抗菌薬大量使用、慢性化にやっと歯止め●・都議選前に小池知事を襲った“K2の呪い”●・独禁法違反の疑いでEUがサンリオを調査●・日産ゴーン氏にのしかかるマクロン政権の基盤安定●・イギリス人も馴染みがない過激政党と協力の英保守党●・反米ベネズエラでも「フェイクニュース」論争●・ロシアゲートにドイツ銀行が関与か●・トランプ政権が抱く韓国・文大統領への不信感●・対米外交で注目される北朝鮮の女性外交官●・習近平氏が恐れる中国人インサイダー●・リビアの原油増産はプーチン大統領の逆風に●■ニュース鑑定人(237)──樹 静馬●「築地併用」で始まった小池政局/ほか●■ほまれもなくそしりもなく(61)──田部康喜●ユビキタス監視社会(1)●■内海善雄のやぶ睨み「ネット社会」論(89)●公平な行政が損なわれたのか?●■金田一秀穂の伝える言葉─伝わる言葉(156)●謙虚さを持ち、傲慢さを持たずに●みんなの幸せを考えること●[連載コラム]●■アメリカ流・日本流(195)──後藤英彦(米国在住ジャーナリスト)●民主政治の行く手を遮る「党議拘束」の罪●■ドイツから遠眼鏡(84)──川口マーン惠美(作家)●2カ月続いた白アスパラ・フィーバー●■新世相斬り・橋本テツヤの一針見血(156)●増える外国人労働者/カタカナ語の政治家●[好評連載]●■取材記者vs.広報マン(188)──大手町九郎●経営者の政治的発言●■やまとうた(85)──山内丈(冷泉家門人)●【火遣時】夕風に ひととき なひく蚊遣火の 消えては立てる夏の夜の屋戸●■もっともっと映画を!(182)──古閑万希子●「甘き人生」「歓びのトスカーナ」●■私の読書スタイル(237)──榊原健郎氏(ライオン株式会社取締役上席執行役員)●変化する社会を広い視点で読み解く●

カゴに追加 790 円(税別)

情報感度を研ぎ澄ます!!―ビジネス情報誌EL NEOS ●[感度を磨くビジネス情報]●■巻頭リポート●囁かれ始めた安倍一強「崩壊シナリオ」●「ポスト安倍」の政局が動き出した●■石油業界●製油所の運転状況に法的に行政介入●資源エネルギー庁のさらなる愚策●■米長期金利に謎の動き●株高でも長期金利が低下する●イエレン・コナンドラム現象●■カジノは無駄な箱ものか●自治体のカジノ依存症に●一石を投じた「横浜の乱」●■スマホビジネス●ニューズピックス成功の裏で●既存メディアからは不満の声●■ジャーナリズム論考――北岡和義(ジャーナリスト)●現代史を検証する大著『昭和解体』●権力に翻弄された人々を語る●■IoTの新たな動き●IoTデータ取引の活性化へ決め手はオープン化と共有化●■大阪鉄道新線構想●JR西と南海が相互乗り入れへ、訪日客増加でも不安山積の未来●■インフラ輸出の弱体化●中国「一帯一路」構想に協力? 安倍首相の翻意は自信のなさか●■原発事故の重い代償●新再建計画に「同業の壁」、東電・川村新体制に早くも暗雲●■《シリーズ》中国の実相(3)――初田宗久(香港在住・中国企業アシスタント)●中国で爆発的に普及するシェア自転車産業、400億円市場を取り合う激烈な争奪戦●■「相談役」無用論●「東芝問題」を契機に問われる企業の「相談役」の存在意義●■〈シリーズ〉メディア激動時代(100)──神余心●世界的に窮屈さ増す「報道の自由」●政権の圧力で狭まる「知る権利」●■〈シリーズ・世界は今〉(27)EU離脱決定後の英国──宮崎正弘(国際エコノミスト)●ビートルズやシェイクスピアらを生み●世界経済を主導する大英帝国の栄光と挫折●[連載企画]●■キーパースン──ミサワホーム/磯貝匡志新社長●トヨタ自動車時代に学んだ教訓で「笑顔のリレー」の体制づくり●■佐藤優の情報照射「一片一条」第129回●窮地に追い込まれた「イスラム国」●戦線拡大で標的にされるエジプト●■硬派経済ジャーナリスト磯山友幸の「生きてる経済解読」(75)●国家戦略特区は首相の意向で決まるか?●背景に官邸と文科省の根深いバトル●■早川和宏のベンチャー発掘(215)──東京都中央区/Quiree株式会社[前編]●楽器演奏での「挫折」をなくす活動で●7億2000万人の音楽愛好家を生み出す●■元木昌彦のメディアを考える旅234──神津里季生氏(日本労働組合総連合会会長)●「官制春闘」はメディアの誤解●共産党との選挙協力はあり得ない●[世界を俯瞰する情報群]●■国際トピックス●◇米国企業/世界的に人気が高まる「環境債」、米アップルが2回目の大型発行●◇欧州企業/注目の仏ルノーの株主総会でゴーン氏の高額報酬を可決●◇中東外交/トランプ米大統領の中東歴訪はアラブの大衆に懸念を残した●■来日ビジネスマンの主張(213)──レオナルド・ルッソ氏(イタリア航空業協会・委託調査員、航空アナリスト)●アリタリア航空の破綻後も日本─イタリア直行便存続か●[連載コラム]●■巻頭言「佐伯啓思の賢者に備えあり」●AI(人工知能)は新世紀を拓くのか●■時代をつかむニュースコラム●「情報スクランブル」●・ほころび見える安倍外交、戦略転換で中国に歩み寄り●・次期衆院選に向け甘利氏が党役員で復権か●・橋下徹前大阪市長に国政進出待望論●・いつ終わる? 自治体の北ミサイル避難訓練●・三菱東京UFJ銀頭取突然の退任の真相とは●・文科省スキャンダルで金融庁も再就職ストップ●・原料調達見直しに見る新日鉄住金の苦境●・親会社同士のバランスでJ:COM新展開に霧●・なぜか手法が瓜二つの獣医学部と医学部の新設●・政官財が注目する丹羽宇一郎氏の新著●・富士ゼロックスにメス、古森富士フイルムHD会長●・山口県岩国市に沸く米軍移転バブル●・センバツに見る毎日新聞と加計学園との“密着”●・思惑が外れたNISA、最大ネックはマイナンバー●・金融職員も率先垂範、「積立NISAを始めます」●・「安倍一強」にひれ伏す? 検察・警察に出る疑問●・ソフトバンクがまたロボット開発会社を買収●・米ヤフーついに「解体」ネット普及牽引の歴史に幕●・抗生物質・抗菌薬大量使用、慢性化にやっと歯止め●・都議選前に小池知事を襲った“K2の呪い”●・独禁法違反の疑いでEUがサンリオを調査●・日産ゴーン氏にのしかかるマクロン政権の基盤安定●・イギリス人も馴染みがない過激政党と協力の英保守党●・反米ベネズエラでも「フェイクニュース」論争●・ロシアゲートにドイツ銀行が関与か●・トランプ政権が抱く韓国・文大統領への不信感●・対米外交で注目される北朝鮮の女性外交官●・習近平氏が恐れる中国人インサイダー●・リビアの原油増産はプーチン大統領の逆風に●■ニュース鑑定人(237)──樹 静馬●「築地併用」で始まった小池政局/ほか●■ほまれもなくそしりもなく(61)──田部康喜●ユビキタス監視社会(1)●■内海善雄のやぶ睨み「ネット社会」論(89)●公平な行政が損なわれたのか?●■金田一秀穂の伝える言葉─伝わる言葉(156)●謙虚さを持ち、傲慢さを持たずに●みんなの幸せを考えること●[連載コラム]●■アメリカ流・日本流(195)──後藤英彦(米国在住ジャーナリスト)●民主政治の行く手を遮る「党議拘束」の罪●■ドイツから遠眼鏡(84)──川口マーン惠美(作家)●2カ月続いた白アスパラ・フィーバー●■新世相斬り・橋本テツヤの一針見血(156)●増える外国人労働者/カタカナ語の政治家●[好評連載]●■取材記者vs.広報マン(188)──大手町九郎●経営者の政治的発言●■やまとうた(85)──山内丈(冷泉家門人)●【火遣時】夕風に ひととき なひく蚊遣火の 消えては立てる夏の夜の屋戸●■もっともっと映画を!(182)──古閑万希子●「甘き人生」「歓びのトスカーナ」●■私の読書スタイル(237)──榊原健郎氏(ライオン株式会社取締役上席執行役員)●変化する社会を広い視点で読み解く●

レビューはありません レビューを書く
書籍の詳細

書籍一覧18冊の書籍

1~18件/18件 を表示

  • 1
  • 1

オススメ特集

一覧を見る

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。