エルネオス (ELNEOS) 2016年12月号

790円 (税別)

獲得ポイント 8pt (1%還元)

情報感度を研ぎ澄ます!!―ビジネス情報誌EL NEOS ●[感度を磨くビジネス情報]●■巻頭リポート●アベノミクスは60点つけていい実績●今こそ企業は内部留保活用の賃上げを●■巨額賠償判決●日本振興銀行元会長・木村剛裁判に見る●恐るべきRCCの調査・回収能力●■中国の覇権主義●英国原発建設計画への参入を契機に●欧州各国でも広がる「中国脅威論」●■鉄道会社の多角化●不動産業出遅れのJR西日本が●東と九州の挟撃受け不動産会社を買収●■トランプ・リスク●揺れるトランプ氏の経済政策、市場の過剰反応と“不透明感”●■東電再建●東電改革委員会で内紛勃発、経産省の暴走で再編議論暗礁に●■対露経済協力プランの現実●山口県での日露首脳会談を前に対露金融支援を民間銀行に要請●■M&A発言の真意●日本郵政が運用機能強化で練る買収原資は7000億円の金庫株?●■経営改革の決断力●お荷物事業の先行きを示せず富士通「構造改革」に出遅れ感●■造船不況●船舶需要の世界的干上がりで三菱重工・川崎重工は大ピンチ●■まちづくり構想●万博と憲法を抱き込んで大阪カジノ計画が急発進●■衣料品量販店の明暗●機能性パンツで増益のしまむら、総合スーパー出店で新成長戦略●■観光立国化への課題点●訪日外国人急増で高まる民泊熱、SOMPOが宿泊者用保険発売●■再生可能エネルギー●日中韓露で事業性が見えてきたアジアスーパーグリッド構想●■超高齢社会を生きる知恵●定年後の不安を自主的に解決、高齢者コミュニティーの役割●■買い物ポイント市場●「おまとめサービス」の登場で共通ポイント市場に新局面●■〈シリーズ〉メディア激動時代(93)──神余心●マスメディアの限界示した米大統領選、日本でもネットメディアが存在感●■〈シリーズ・世界は今〉(20)トルクメニスタン──宮崎正弘(国際エコノミスト)●「謎の国」トルクメニスタンは永世中立国、開国してドバイに並ぶ繁栄を目指す●[連載企画]●■キーパースン──休載●■佐藤優の情報照射「一片一条」第122回●ロシア経済発展相拘束の対応策、駐日大使を通じた意向伝達へ●■硬派経済ジャーナリスト磯山友幸の「生きてる経済解読」(68)●制度は維持できても生活できない――抜本改革なしの年金制度の行方●■早川和宏のベンチャー発掘(208)──東京都中央区/株式会社ユメニティ[後編]●高齢者に働く場を提供する派遣事業で生き甲斐を持てる理想社会実現を目指す●■元木昌彦のメディアを考える旅(227)──内田樹氏(思想家・凱風館館長)●安倍首相はアメリカがすがる藁、胆力がなくなったジャーナリスト●[世界を俯瞰する情報群]●■国際トピックス●◇欧州/英国の離脱問題でタガが緩み問題行動が相次ぐ欧州委員会●◇米国/米国民主主義まで懸念されるトランプ人事に見る「融和拒否」●◇欧州企業/独VWが3万人の大幅リストラ、業績立て直しで一気に攻勢へ●■来日ビジネスマンの主張(206)──アレハンドロ・モンテス氏(スペイン観光調査局・IET)●マドリード─成田直行便の増便で日本人観光客の一層の増加を期待●[連載コラム]●■巻頭言「枝廣淳子の賢者に備えあり」●日本は脱炭素時代のルール作りに参画を!●■時代をつかむニュースコラム「情報スクランブル」●・「解散風」弱まっても消えない「年明け」説●・南スーダンは最悪の情勢、それでも陸自は「活動継続」●・プーチン訪日に暗雲か? 露経済発展相の収賄容疑●・留学生受け入れ事業でJICEが存在感を発揮●・ストリーム捜査の狙いは新華商と新興仕手集団●・「顧客本位の業務運営」金融庁方針に信託銀行は?●・3000社へのヒアリングで金融庁が把握したいこと●・供給過剰で民泊も激安化、ホテル不況がやってくる●・国内リフォーム事業注力で進むLIXIL「瀬戸改革」●・「小池劇場」に陰り、豊洲問題に政務活動費疑惑●・小池都知事はなぜか無関心、広尾病院移転問題の闇●・日経新聞主流の編集局より存在感を高めた部局とは●・精神科医よりも有能? 人工知能が精神疾患を診断●・NHKが視聴率トップ、民放の地盤沈下鮮明に●・ふるさと納税の返礼に人間ドックが大人気●・続投狙うNHK籾井会長の値下げ発言めぐり内部亀裂●・創価学会が会則改正で「池田教化」へ邁進●・SIM2枚挿しに対応した格安スマホが人気に●・中国改革派財政相が辞任、経済構造改革の遅れに懸念●・「崔順実ゲート」で韓国は破局的状況●・大統領候補擁立失敗でメルケル首相の求心力低下●・米海軍史上前例のない収賄スキャンダル発覚●・トランプ外交は「米国第一」「孤立・保護主義」●・欧州にも飛び火した反トランプデモの胴元●■ニュース鑑定人(230)──樹 静馬●北朝鮮核廃棄をトランプに要求/ほか●■ほまれもなくそしりもなく(54)──田部康喜●「安倍一強」の広報戦略(2)●■内海善雄のやぶ睨み「ネット社会」論(82)●偽ニュースを排除する努力●■金田一秀穂の伝える言葉─伝わる言葉(149)●「本音」は正しくない●確かな自分なりの価値観を● ●[連載コラム]●■アメリカ流・日本流(188)──後藤英彦(米国在住ジャーナリスト)●原発事故が懸念される中国と日本●■ドイツから遠眼鏡(77)──川口マーン惠美(作家)●自衛隊の音楽まつり●日本はやはりいい国だ!●■新世相斬り・橋本テツヤの一針見血(149)●評価を歪める「ハロー効果」/年賀状辞退の伝え方● ● ●[好評連載]●■取材記者vs.広報マン(181)──大手町九郎●相次ぐ異物混入●■やまとうた(78)──山内丈(冷泉家門人)●【冴月恋】行く道は 闇にあらずと 雲はらう 風が磨くか 月の冴ゆれば●■もっともっと映画を!(175)──古閑万希子●「ミス・シェパードをお手本に」「マダム・フローレンス! 夢見るふたり」●■私の読書スタイル(230)──高橋克典氏(TERRANOS代表)●読むたびに見せる名作の多面性に触れる

カゴに追加 790 円(税別)

情報感度を研ぎ澄ます!!―ビジネス情報誌EL NEOS ●[感度を磨くビジネス情報]●■巻頭リポート●アベノミクスは60点つけていい実績●今こそ企業は内部留保活用の賃上げを●■巨額賠償判決●日本振興銀行元会長・木村剛裁判に見る●恐るべきRCCの調査・回収能力●■中国の覇権主義●英国原発建設計画への参入を契機に●欧州各国でも広がる「中国脅威論」●■鉄道会社の多角化●不動産業出遅れのJR西日本が●東と九州の挟撃受け不動産会社を買収●■トランプ・リスク●揺れるトランプ氏の経済政策、市場の過剰反応と“不透明感”●■東電再建●東電改革委員会で内紛勃発、経産省の暴走で再編議論暗礁に●■対露経済協力プランの現実●山口県での日露首脳会談を前に対露金融支援を民間銀行に要請●■M&A発言の真意●日本郵政が運用機能強化で練る買収原資は7000億円の金庫株?●■経営改革の決断力●お荷物事業の先行きを示せず富士通「構造改革」に出遅れ感●■造船不況●船舶需要の世界的干上がりで三菱重工・川崎重工は大ピンチ●■まちづくり構想●万博と憲法を抱き込んで大阪カジノ計画が急発進●■衣料品量販店の明暗●機能性パンツで増益のしまむら、総合スーパー出店で新成長戦略●■観光立国化への課題点●訪日外国人急増で高まる民泊熱、SOMPOが宿泊者用保険発売●■再生可能エネルギー●日中韓露で事業性が見えてきたアジアスーパーグリッド構想●■超高齢社会を生きる知恵●定年後の不安を自主的に解決、高齢者コミュニティーの役割●■買い物ポイント市場●「おまとめサービス」の登場で共通ポイント市場に新局面●■〈シリーズ〉メディア激動時代(93)──神余心●マスメディアの限界示した米大統領選、日本でもネットメディアが存在感●■〈シリーズ・世界は今〉(20)トルクメニスタン──宮崎正弘(国際エコノミスト)●「謎の国」トルクメニスタンは永世中立国、開国してドバイに並ぶ繁栄を目指す●[連載企画]●■キーパースン──休載●■佐藤優の情報照射「一片一条」第122回●ロシア経済発展相拘束の対応策、駐日大使を通じた意向伝達へ●■硬派経済ジャーナリスト磯山友幸の「生きてる経済解読」(68)●制度は維持できても生活できない――抜本改革なしの年金制度の行方●■早川和宏のベンチャー発掘(208)──東京都中央区/株式会社ユメニティ[後編]●高齢者に働く場を提供する派遣事業で生き甲斐を持てる理想社会実現を目指す●■元木昌彦のメディアを考える旅(227)──内田樹氏(思想家・凱風館館長)●安倍首相はアメリカがすがる藁、胆力がなくなったジャーナリスト●[世界を俯瞰する情報群]●■国際トピックス●◇欧州/英国の離脱問題でタガが緩み問題行動が相次ぐ欧州委員会●◇米国/米国民主主義まで懸念されるトランプ人事に見る「融和拒否」●◇欧州企業/独VWが3万人の大幅リストラ、業績立て直しで一気に攻勢へ●■来日ビジネスマンの主張(206)──アレハンドロ・モンテス氏(スペイン観光調査局・IET)●マドリード─成田直行便の増便で日本人観光客の一層の増加を期待●[連載コラム]●■巻頭言「枝廣淳子の賢者に備えあり」●日本は脱炭素時代のルール作りに参画を!●■時代をつかむニュースコラム「情報スクランブル」●・「解散風」弱まっても消えない「年明け」説●・南スーダンは最悪の情勢、それでも陸自は「活動継続」●・プーチン訪日に暗雲か? 露経済発展相の収賄容疑●・留学生受け入れ事業でJICEが存在感を発揮●・ストリーム捜査の狙いは新華商と新興仕手集団●・「顧客本位の業務運営」金融庁方針に信託銀行は?●・3000社へのヒアリングで金融庁が把握したいこと●・供給過剰で民泊も激安化、ホテル不況がやってくる●・国内リフォーム事業注力で進むLIXIL「瀬戸改革」●・「小池劇場」に陰り、豊洲問題に政務活動費疑惑●・小池都知事はなぜか無関心、広尾病院移転問題の闇●・日経新聞主流の編集局より存在感を高めた部局とは●・精神科医よりも有能? 人工知能が精神疾患を診断●・NHKが視聴率トップ、民放の地盤沈下鮮明に●・ふるさと納税の返礼に人間ドックが大人気●・続投狙うNHK籾井会長の値下げ発言めぐり内部亀裂●・創価学会が会則改正で「池田教化」へ邁進●・SIM2枚挿しに対応した格安スマホが人気に●・中国改革派財政相が辞任、経済構造改革の遅れに懸念●・「崔順実ゲート」で韓国は破局的状況●・大統領候補擁立失敗でメルケル首相の求心力低下●・米海軍史上前例のない収賄スキャンダル発覚●・トランプ外交は「米国第一」「孤立・保護主義」●・欧州にも飛び火した反トランプデモの胴元●■ニュース鑑定人(230)──樹 静馬●北朝鮮核廃棄をトランプに要求/ほか●■ほまれもなくそしりもなく(54)──田部康喜●「安倍一強」の広報戦略(2)●■内海善雄のやぶ睨み「ネット社会」論(82)●偽ニュースを排除する努力●■金田一秀穂の伝える言葉─伝わる言葉(149)●「本音」は正しくない●確かな自分なりの価値観を● ●[連載コラム]●■アメリカ流・日本流(188)──後藤英彦(米国在住ジャーナリスト)●原発事故が懸念される中国と日本●■ドイツから遠眼鏡(77)──川口マーン惠美(作家)●自衛隊の音楽まつり●日本はやはりいい国だ!●■新世相斬り・橋本テツヤの一針見血(149)●評価を歪める「ハロー効果」/年賀状辞退の伝え方● ● ●[好評連載]●■取材記者vs.広報マン(181)──大手町九郎●相次ぐ異物混入●■やまとうた(78)──山内丈(冷泉家門人)●【冴月恋】行く道は 闇にあらずと 雲はらう 風が磨くか 月の冴ゆれば●■もっともっと映画を!(175)──古閑万希子●「ミス・シェパードをお手本に」「マダム・フローレンス! 夢見るふたり」●■私の読書スタイル(230)──高橋克典氏(TERRANOS代表)●読むたびに見せる名作の多面性に触れる

レビューはありません レビューを書く
書籍の詳細

書籍一覧20冊の書籍

1~20件/20件 を表示

  • 1
  • 1

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。