書籍の詳細

ビッグデータ革命の陰には、「データサイエンティスト」いう名の開拓者たちの存在と組織の真剣な取り組みがある。本書は、そのようなデータサイエンティストと企業の物語、たとえばJ・ハマーバッカーとIBMを中心に展開する。ビッグデータは強力な手段になりうるが、限界も抱えている。データサイエンステクノロジーは、今まさに改善されつつあり、出番を待っている。データ資本主義時代の到来を活写した一冊。

まだユーザーレビューはありません。最初のレビューを書いてみませんか?

データサイエンティストが創る未来 これからの医療・農業・産業・経営・マーケティングのレビュー一覧

絞込み条件
  • レビュアー絞込み
表示形式
  • 表示件数
  • 表示順
  • ビッグデータは私たちを幸せにしてくれるのか?
    「ビッグデータ」時代の到来が叫ばれはじめてしばらく経つ。ビッグデータに精通し、そこから知見を引き出し意思決定につなげる「データサイエンティスト」による成果が、人工知能(AI)との組み合わせなども含め、少しずつ現れはじめている。本書では、医療をはじめさまざまな分野でのビッグデータ活用、データサイエンティストたちの声などを紹介しつつ、人間がデータとどう向き合うべきか、データ中心の考え方(データ・イズム)が社会をどのように変えていくのか等について多角的に論じている。
    書籍ダイジェストサービス「SERENDIP」詳細はこちら
    投稿日:2016年07月22日