光の竜は闇を抱く【イラストあり】

700円 (税別)

獲得ポイント 7pt (1%還元)

近衛騎兵連隊に所属するイオリは、隣国ガリエラの祝賀パレードに参加する自国の王女の護衛中、ガリエラの王子ジクムントを貧民が投げた石から護る。貧民に同情し助命を願ったイオリに気まぐれな王子が求めたのは身体を差し出すことだった。ボーディングスクール時代に彼に見透かされた通り、貴族の叔父に引き取られるまで娼館にいた過去を持つイオリは「自分を抱いたら汚れる」と必死に思いとどまらせようとするが……。笠井あゆみ先生の挿絵も収録。

カゴに追加 700 円(税別)

近衛騎兵連隊に所属するイオリは、隣国ガリエラの祝賀パレードに参加する自国の王女の護衛中、ガリエラの王子ジクムントを貧民が投げた石から護る。貧民に同情し助命を願ったイオリに気まぐれな王子が求めたのは身体を差し出すことだった。ボーディングスクール時代に彼に見透かされた通り、貴族の叔父に引き取られるまで娼館にいた過去を持つイオリは「自分を抱いたら汚れる」と必死に思いとどまらせようとするが……。笠井あゆみ先生の挿絵も収録。

平均評価(5.0 レビューを見る
書籍の詳細

書籍一覧1冊の書籍

ユーザーのレビュー

(5.0)

投稿日:2016年11月22日

何度も読み直している良作 ネタバレあり

いつかはわからないけれど中世ヨーロッパと思われる世界を舞台にしたこの作品。
かつて同じ学び舎で学んだ王子(攻)との再会。
再会ものなので、口調は慇懃無礼で時々本当に無礼になる受が愛しいです。(笑)
精神的に追い詰められるような残虐なシーンはほとんどなく、
どちらかというと優しい流れですべては進みます。
お互いを大事に思っているこの2人。
ほんとーーに癒されました。何回も読んでます。
短編でもいいのでこの二人の続きが知りたいです。
  • 参考になった 0

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。