【マルチモダリティによるAbdominal Imaging 2016 [臨床編]日常臨床における代表的疾患の画像診断のコツ】 V 先進技術・診断法の臨床応用の実際 11.アシアロシンチグラフィと肝臓3D画像のフュージョンによる局所肝予備能評価

500円 (税別)

獲得ポイント 5pt (1%還元)

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】肝切除における肝予備能評価 肝臓は予備力の大きな臓器であり,正常肝であれば,全体の約2/3を切除しても,残された1/3の肝臓(残肝)の機能だけで代謝を支えることができるが,肝硬変・慢性肝炎がある場合は,70%近くが残る肝切除ですら,残肝容積不足となって術後肝不全に陥り,命を落とす危険性が出てくる。さらに,肝臓の予備力には個体差があるので,術後肝不全にならないために最低限必要な残肝容積は,個々によって異なる。そのため,肝切除を計画し,術式を選択するに当たっては,腫瘍の大きさや位置,進行度などを示す画像情報のみならず,肝予備能の定量的な評価が必要となる。

カゴに追加 500 円(税別)

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】肝切除における肝予備能評価 肝臓は予備力の大きな臓器であり,正常肝であれば,全体の約2/3を切除しても,残された1/3の肝臓(残肝)の機能だけで代謝を支えることができるが,肝硬変・慢性肝炎がある場合は,70%近くが残る肝切除ですら,残肝容積不足となって術後肝不全に陥り,命を落とす危険性が出てくる。さらに,肝臓の予備力には個体差があるので,術後肝不全にならないために最低限必要な残肝容積は,個々によって異なる。そのため,肝切除を計画し,術式を選択するに当たっては,腫瘍の大きさや位置,進行度などを示す画像情報のみならず,肝予備能の定量的な評価が必要となる。

レビューはありません レビューを書く
書籍の詳細

書籍一覧30冊の書籍

1~30件/30件 を表示

  • 1
  • 1

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。