【マルチモダリティによるAbdominal Imaging 2016 [臨床編]日常臨床における代表的疾患の画像診断のコツ】 V 先進技術・診断法の臨床応用の実際 7.肝細胞がんの血管造影下治療におけるDSA画像の有用性

500円 (税別)

獲得ポイント 5pt (1%還元)

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】肝細胞がん(以下,HCC)の内科的治療において,腫瘍濃染を有するHCCに対し最も施行頻度の高い治療は血管造影下の肝動脈化学塞栓療法(以下,TACE)である。この20年間われわれの施設は,わが国でも有数の肝疾患密集地帯である筑後地方に立地する専門病院として,毎年延べ500~600例のHCCに対するTACEを行ってきた。2015年7月,当施設ではより正確で効率の高いTACEの遂行を目的として,島津社のフルデジタル血管造影システムである「Trinias F 12 MiX package」を導入した。このシステムは,島津社独自の高速画像処理技術“SCORE Imaging”による優れた視認性が特徴であり,精密かつ高品質な画像を得ることができる。

カゴに追加 500 円(税別)

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】肝細胞がん(以下,HCC)の内科的治療において,腫瘍濃染を有するHCCに対し最も施行頻度の高い治療は血管造影下の肝動脈化学塞栓療法(以下,TACE)である。この20年間われわれの施設は,わが国でも有数の肝疾患密集地帯である筑後地方に立地する専門病院として,毎年延べ500~600例のHCCに対するTACEを行ってきた。2015年7月,当施設ではより正確で効率の高いTACEの遂行を目的として,島津社のフルデジタル血管造影システムである「Trinias F 12 MiX package」を導入した。このシステムは,島津社独自の高速画像処理技術“SCORE Imaging”による優れた視認性が特徴であり,精密かつ高品質な画像を得ることができる。

レビューはありません レビューを書く
書籍の詳細

書籍一覧30冊の書籍

1~30件/30件 を表示

  • 1
  • 1

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。