【マルチモダリティによるAbdominal Imaging 2016 [臨床編]日常臨床における代表的疾患の画像診断のコツ】 I 肝 2.早期肝細胞がんの診断

500円 (税別)

獲得ポイント 5pt (1%還元)

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】近年の画像診断技術の進歩により,これまでは見つけることのできなかった小さな肝細胞がんも指摘できるようになってきた。これらの小肝細胞がんは,従来知られてきた肝細胞がんの特徴とは異なる血流動態,画像所見を示し,「早期肝細胞がん」として区別されている。肝細胞がんは前がん病変である高度異型結節から早期肝細胞がん,多血性肝細胞がんへと徐々に脱分化していく多段階発がんの形式をとることが一般的であるが,肝細胞がんの予後改善のためには,がん化した時点(早期肝細胞がんの段階)でなるべく早く病変の存在を把握できることが望ましい。本稿では,まず早期肝細胞がんの定義について述べ,続いてCT,MRIでの画像所見〔特にガドリニウム性肝特異性造影剤を用いた造影MR(I以下,EOB-MRI)〕について詳しく説明していく。

※本作品は2018年4月27日で販売を終了いたします。

無料立ち読み(2ページ)

カゴに追加 500 円(税別)

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】近年の画像診断技術の進歩により,これまでは見つけることのできなかった小さな肝細胞がんも指摘できるようになってきた。これらの小肝細胞がんは,従来知られてきた肝細胞がんの特徴とは異なる血流動態,画像所見を示し,「早期肝細胞がん」として区別されている。肝細胞がんは前がん病変である高度異型結節から早期肝細胞がん,多血性肝細胞がんへと徐々に脱分化していく多段階発がんの形式をとることが一般的であるが,肝細胞がんの予後改善のためには,がん化した時点(早期肝細胞がんの段階)でなるべく早く病変の存在を把握できることが望ましい。本稿では,まず早期肝細胞がんの定義について述べ,続いてCT,MRIでの画像所見〔特にガドリニウム性肝特異性造影剤を用いた造影MR(I以下,EOB-MRI)〕について詳しく説明していく。

レビューはありません レビューを書く
書籍の詳細

書籍一覧30冊の書籍

1~30件/30件 を表示

  • 1
  • 1

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。