【マルチモダリティによるAbdominal Imaging 2016 [臨床編]日常臨床における代表的疾患の画像診断のコツ】 V 先進技術・診断法の臨床応用の実際 5.G d-EOB-DTPA造影MRIにおけるview sharingを用いた動脈相の多時相撮像の有用性

500円 (税別)

獲得ポイント 5pt (1%還元)

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】造影ダイナミックMRIは,実質臓器の解剖や血流を詳細に把握できると同時に,腫瘤性病変の血行動態を評価することが可能である。近年,肝臓を対象とした造影MRI検査では,肝特異性造影剤であるGd-EOB-DTPAを用いたダイナミックスタディが一般的である。Gd-EOB-DTPAは,投与量の約50%は通常の細胞外液性造影剤と同様に腎臓から排泄され,残りの50%は肝細胞に取り込まれた後に胆汁に排泄される特性を有しており,細胞外液性造影剤と同様のダイナミックスタディによる血流診断能と,高い腫瘍-肝コントラストを誇る肝細胞相による病変の検出能向上が同時に実現されている。

カゴに追加 500 円(税別)

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】造影ダイナミックMRIは,実質臓器の解剖や血流を詳細に把握できると同時に,腫瘤性病変の血行動態を評価することが可能である。近年,肝臓を対象とした造影MRI検査では,肝特異性造影剤であるGd-EOB-DTPAを用いたダイナミックスタディが一般的である。Gd-EOB-DTPAは,投与量の約50%は通常の細胞外液性造影剤と同様に腎臓から排泄され,残りの50%は肝細胞に取り込まれた後に胆汁に排泄される特性を有しており,細胞外液性造影剤と同様のダイナミックスタディによる血流診断能と,高い腫瘍-肝コントラストを誇る肝細胞相による病変の検出能向上が同時に実現されている。

レビューはありません レビューを書く
書籍の詳細

書籍一覧30冊の書籍

1~30件/30件 を表示

  • 1
  • 1

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。