最新重症開放骨折の治療 治療の標準化を目指して(第6回) 上肢における局所皮弁・有茎皮弁による再建

1000円 (税別)

獲得ポイント 10pt (1%還元)

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】四肢開放骨折の軟部組織再建において求められることは「骨接合や腱,神経,血管修復の場を再建すること」であり,それは「運動器そのものを再建すること」につながる.軟部組織再建の戦略法は,荷重肢である下肢と可動肢である上肢ではおのずと異なってくる.上肢には関節,腱や神経など可動を司る組織が多くあり,より積極的な軟部組織再建が望まれる.すなわち,仮に持続陰圧吸引療法による肉芽増生と植皮術で創閉鎖が得られる場合,それは下肢において許容されても,上肢では許容されない.上肢では,増生し瘢痕化した肉芽組織により目的とする可動性が失われるためである.

無料立ち読み(2ページ)

カゴに追加 1000 円(税別)

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】四肢開放骨折の軟部組織再建において求められることは「骨接合や腱,神経,血管修復の場を再建すること」であり,それは「運動器そのものを再建すること」につながる.軟部組織再建の戦略法は,荷重肢である下肢と可動肢である上肢ではおのずと異なってくる.上肢には関節,腱や神経など可動を司る組織が多くあり,より積極的な軟部組織再建が望まれる.すなわち,仮に持続陰圧吸引療法による肉芽増生と植皮術で創閉鎖が得られる場合,それは下肢において許容されても,上肢では許容されない.上肢では,増生し瘢痕化した肉芽組織により目的とする可動性が失われるためである.

レビューはありません レビューを書く
書籍の詳細

書籍一覧20冊の書籍

1~20件/20件 を表示

  • 1
  • 1

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。