【解剖学的に理解する!骨盤底筋群と骨盤底筋訓練】 5 前立腺がん術後の男性の尿失禁を理解する

700円 (税別)

獲得ポイント 7pt (1%還元)

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】根治的前立腺全摘除術は限局性前立腺がんの治療法の一つです。しかし、根治的前立腺全摘除術では一定の割合で術後の尿失禁が発症し、患者さんの生活の質に大きな影響を与えます。現在行われている手術のアプローチとしては、開腹、小切開、腹腔鏡下、ロボット支援があります。2012年4月にロボット支援根治的前立腺全摘除術(robot-assisted radical prostatectomy:RARP)が保険適用になって以降、わが国でもRARPが急速に広まってきており、がん根治性とともに尿禁制や性機能などの機能温存に関しても有用であると期待されています。実際、開腹手術、腹腔鏡下手術、ロボット支援手術を比較すると、術後1年での尿禁制率は、それぞれ60~93%、66~95%、84~97%と報告されており、また、ロボット支援手術の術後尿失禁回復期間も開腹手術と比較して有意に短いことも報告されています。

立ち読み(2ページ)

カゴに追加 700 円(税別)

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】根治的前立腺全摘除術は限局性前立腺がんの治療法の一つです。しかし、根治的前立腺全摘除術では一定の割合で術後の尿失禁が発症し、患者さんの生活の質に大きな影響を与えます。現在行われている手術のアプローチとしては、開腹、小切開、腹腔鏡下、ロボット支援があります。2012年4月にロボット支援根治的前立腺全摘除術(robot-assisted radical prostatectomy:RARP)が保険適用になって以降、わが国でもRARPが急速に広まってきており、がん根治性とともに尿禁制や性機能などの機能温存に関しても有用であると期待されています。実際、開腹手術、腹腔鏡下手術、ロボット支援手術を比較すると、術後1年での尿禁制率は、それぞれ60~93%、66~95%、84~97%と報告されており、また、ロボット支援手術の術後尿失禁回復期間も開腹手術と比較して有意に短いことも報告されています。

レビューはありません レビューを書く
書籍の詳細

書籍一覧17冊の書籍

1~17件/17件 を表示

  • 1
  • 1

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。