【重要なポイントとケアへの応用がわかる!はやわかり透析医療・看護ガイドライン】 慢性腎臓病に伴う骨・ミネラル代謝異常の診療ガイドライン

700円 (税別)

獲得ポイント 7pt (1%還元)

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】なぜこのガイドラインが必要なの? 2006年に刊行された『透析患者における二次性副甲状腺機能亢進症治療ガイドライン』では、国内ではじめて血清リン(P)、血清補正カルシウム(Ca)の管理の重要性や管理目標値が示されましたが、病態が透析患者における二次性副甲状腺機能亢進症に限定されていました。その後、「慢性腎臓病に伴う骨・ミネラル代謝異常(CKD-MBD)」の概念の定着に伴う病態の拡大、各種リン吸着薬やシナカルセト塩酸塩などのCKD-MBDに関連した新たな薬剤の登場、管理目標値の妥当性の検証などの観点から、2012年に『慢性腎臓病に伴う骨・ミネラル代謝異常の診療ガイドライン』として改訂されました。改訂版は、血液透析患者だけでなく、腹膜透析や保存期、腎移植、小児患者にまで対象を広げ、二次性副甲状腺機能亢進症に加えて、血管石灰化や骨代謝異常、透析アミロイドーシスに関する内容が盛り込まれました。

無料立ち読み(2ページ)

カゴに追加 700 円(税別)

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】なぜこのガイドラインが必要なの? 2006年に刊行された『透析患者における二次性副甲状腺機能亢進症治療ガイドライン』では、国内ではじめて血清リン(P)、血清補正カルシウム(Ca)の管理の重要性や管理目標値が示されましたが、病態が透析患者における二次性副甲状腺機能亢進症に限定されていました。その後、「慢性腎臓病に伴う骨・ミネラル代謝異常(CKD-MBD)」の概念の定着に伴う病態の拡大、各種リン吸着薬やシナカルセト塩酸塩などのCKD-MBDに関連した新たな薬剤の登場、管理目標値の妥当性の検証などの観点から、2012年に『慢性腎臓病に伴う骨・ミネラル代謝異常の診療ガイドライン』として改訂されました。改訂版は、血液透析患者だけでなく、腹膜透析や保存期、腎移植、小児患者にまで対象を広げ、二次性副甲状腺機能亢進症に加えて、血管石灰化や骨代謝異常、透析アミロイドーシスに関する内容が盛り込まれました。

レビューはありません レビューを書く
書籍の詳細

書籍一覧19冊の書籍

1~19件/19件 を表示

  • 1
  • 1

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。