看護研究 脳卒中後遺症による意思疎通困難患者の食べる意欲についての一考察 摂食・嚥下訓練中に示したしぐさを振り返って

700円 (税別)

獲得ポイント 7pt (1%還元)

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】脳卒中後遺症によって意思疎通が困難であったが、家族や看護師と目線が合うようになったことから、摂食の訓練を開始したが、意識レベルが回復したにも関わらず摂食状況が改善しなかった患者の訓練中に示したしぐさを明らかにすることによって、意思疎通困難な事例の食べる意欲を見出す意義について分析した。対象患者の看護記録のなかから、訓練中の様子が記述されたものをカルテより収集し、コード化を行い、カテゴリ化した。対象患者の示したしぐさのカテゴリは、「刺激にて開口」「開口しない」「自然な咀嚼」「円滑な嚥下反射」「咀嚼の停止」「苦悶表情」「穏やかな表情」「顔を横に振る」「手で払う」などの13カテゴリであった。それらのしぐさを摂食嚥下のメカニズムと照合し、食べる意欲の有無について検討を行った。「刺激にて開口」などの摂食嚥下運動が順調に進行した場合、対象患者は食べる意欲があり、「開口しない」などのように停滞した場合、食べる意欲がないと考えられた。

無料立ち読み(2ページ)

カゴに追加 700 円(税別)

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】脳卒中後遺症によって意思疎通が困難であったが、家族や看護師と目線が合うようになったことから、摂食の訓練を開始したが、意識レベルが回復したにも関わらず摂食状況が改善しなかった患者の訓練中に示したしぐさを明らかにすることによって、意思疎通困難な事例の食べる意欲を見出す意義について分析した。対象患者の看護記録のなかから、訓練中の様子が記述されたものをカルテより収集し、コード化を行い、カテゴリ化した。対象患者の示したしぐさのカテゴリは、「刺激にて開口」「開口しない」「自然な咀嚼」「円滑な嚥下反射」「咀嚼の停止」「苦悶表情」「穏やかな表情」「顔を横に振る」「手で払う」などの13カテゴリであった。それらのしぐさを摂食嚥下のメカニズムと照合し、食べる意欲の有無について検討を行った。「刺激にて開口」などの摂食嚥下運動が順調に進行した場合、対象患者は食べる意欲があり、「開口しない」などのように停滞した場合、食べる意欲がないと考えられた。

レビューはありません レビューを書く
書籍の詳細

書籍一覧23冊の書籍

1~23件/23件 を表示

  • 1
  • 1

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。