書籍の詳細

□ 「おれがおれが」と出しゃばる同僚がいる □ 無能な上司に対処させられる □ 複雑な社内政治でがんじがらめだ □ 優秀である □ 職場で貧乏くじを引かされたことがある YES。これは、あなたのための本だ。リストラ先進国にUSAに学ぶ、超実践的キャリア論。 多くの人のキャリアは、会社の経営状態の悪化、プロジェクトの失敗、ひどい上司、突然のリストラ、その他の困難に直面し、少なくとも何度か停滞するものだ。一方、成功を収める人たちはどんなに難しい状況に遭遇してもそれを乗り越え、キャリアを加速させる。ふつうの人であればスピードを緩めなければならないような場面でも、彼らにとってはなんでもない。どういうわけか涼しい顔をして、みんなが食らう弾丸をたやすく避けているように見える。 ほとんどの場合、それは彼らがこのゲームをうまくプレイしているからなのだ。――はじめにより ・肥満は高くつくと心得るべし。・会議ではホワイトボードを使え。・職場で繰り広げられる「ゲーム下のゲーム」をプレイせよ。・今すぐ実行される「それなり」の解決策は、後で実行される(または永遠に実行されない)完璧な解決策に勝る。・同僚、上司の生態を(チンパンジーだと思って)徹底的に観察しろ。 目次 はじめに / 第1章 職場で行われている「ゲーム下のゲーム」 ポーカーよりもタフなゲーム/みんなチンパンジーだ(と思って観察する)/“ベースライン”から予兆を探る/極端さが教えてくれること/顔はささやく/体は語る(こともある)/職場の人間力学/影響力をもつ中核グループを見きわめる / 第2章 地雷原で踊る 自分を嫌う人を抱きしめ、陰口を叩く人と絆を結ぶ/自社のビジネスモデルを理解する/健全な職場、不健全な職場/職場の三大疾病 ~悪性腫瘍・ED・便秘/ヤバい企業文化/文化と文化の衝突 / 第3章 パンチを食らう 食らうべきパンチ、避けるべきパンチ/選択肢はつねにある/それでも報われないと思ったら / 第4章 キャリアの炎を燃やす すぐそこにある燃え尽き症候群/あなたのエネルギーを奪う労働環境/肉体のエネルギーを強化する/メンタルのエネルギーを配分する/一周期は九〇~一二〇分/退屈した脳にエサを与える/エネルギーのピーク時を知る/感情のエネルギーを高める/野心のエネルギーを生み出す/小さな一?を種火にする/エネルギーの向上を習慣化する / 第5章 ネバネバのチョウとツルツルのサイ 敵を身近に置く/味方をつくる――慎重に/高度な皮肉テクニック/合理的な不安、不合理な不安/それでも拒絶されたときに / 第6章 職場のショウを楽しむ 肉体とはビルボード広告である/肥満は高くつく/SNSを大掃除せよ/リンクトイン(LinkedIn)を活用する/ブログとツイート――それ、ほんとに言うべきこと?/過剰なプロモーションの危険性/自分を売り込まないネガティブな効果は目に見えない/実績のポートフォリオをつくる/ホワイトボードの達人になる/それでもパワーポイントを使いたいなら/ただシンプルに伝える/上司への効果的なアピール法/人事考課に積極的にアプローチする/額に汗している姿を見せつつ……/……ほんとうに汗をかいている姿は見せない/仲間を助ける/同僚を売り込む / 第7章 ツイてる人の秘密 笑いの効用/人に脅かされず、人を脅かさない/苦手な上司の対応法/心をひらき、掘りさげる /要求を通す秘策=率直に伝える/人は変われる / 第8章 ブッダ、スポック、パットン、シャーロック、ブッダの精神を借りる/内なるスポックの声を聞く/パットンのブーツを履く/シャーロックの目で見る / 第9章 ゴム猫のごとく 自分にビンタを入れて走り出す/嵐がひたひたと迫りくるときは/パニックを友とする/クレイジーにつける薬なし/感情のアリアを歌う/最大の戦いは頭の中で起きている/自分で種をまいていることも/逆境を経験しておくことのメリット 終わりに 謝辞 ■[著者紹介]ダン・ラストDAN RUST企業向けのトレーニングをおこなうフロントライン・ラーニング社の創立者にして作家、講演家。働く人々のキャリアや生産性、モチベーションを高める方法を指導するワークショップや数々の講演で知られる。ミネソタ州ミネアポリスとアリゾナ州スコッツデール在住。

まだユーザーレビューはありません。最初のレビューを書いてみませんか?

戦力「内」通告 ハーバードが教えてくれない「本当に生き残れる社員」のレビュー一覧

絞込み条件
  • レビュアー絞込み
表示形式
  • 表示件数
  • 表示順
  • リストラ先進国USAに学ぶ、超実践的キャリア論
    会社は人の集まりであり、上司部下、先輩後輩、同僚などの人間関係のトラブルはつきものである。また、昨今では経営環境の悪化に伴い突然のリストラに遭うことも珍しいことではない。そうしたネガティブな出来事のおかげで、思い描いていたキャリアの変更を余儀なくされる人も少なくないのではないか。本書では、そんなトラブルや逆風にも負けずに社内でキャリアを築き、大きな成功を収めるにはどうしたらよいかを、豊富な事例とともに説いている。原題の「WORKPLACE POKER」は「職場のポーカー」を意味し、ポーカーゲームのような社内政治に勝利するとともに、人間関係でつぶれない心のもち方と行動をアドバイスする。
    書籍ダイジェストサービス「SERENDIP」詳細はこちら
    投稿日:2016年09月16日