書籍の詳細

若頭「鬼龍」の懐刀として彼を守っていた極道の「荒谷」は、 無実の罪で組を追われ、逃げ延びた先で気を失ってしまう。悪夢から覚めるとそこは造りの良い寺で、傍らにはひとりの美しい僧が佇んでいた。「澄海」と名乗った僧は、傷ついた荒谷を手当てし匿うことに。穏やかに過ぎゆく時間の中、次第に近づくふたりの距離。だが、儚げな尼僧に見えた澄海には、仄暗い秘密があった! 「素直におなりなさい、極楽を見せて差し上げましょう」。禁忌を犯すほどに増す快楽、阿頼耶識(あらやしき)…覚醒!!

総合評価
3.6 レビュー総数:5件
評価内訳

フラチな坊主と堕ちた極道のレビュー一覧

絞込み条件
  • レビュアー絞込み
表示形式
  • 表示件数
  • 表示順
  • 匿名希望
    坊主・・・
    他の方も書いてますが絵柄が微妙でした。
    話自体は見やすく主人公の想いも伝わってきます。
    タイトルと表紙でバレバレですが坊主がひどいです。
    読んでいて、セクハラ坊主の問題がリアルのニュースで取り上げられてたのを
    思い出してしまいました。
    時事ネタ?たまたま?
    続きが気になります。若頭サイドの話も見てみたいです。
    • 参考になった 0
    投稿日:2016年07月14日
  • 匿名希望
    実直で男らしい荒谷のこれからが気になります
    組のために、若頭のために、と実直に尽くしてきた荒谷は それ以上の思いが膨らんでいくうちに無実の罪で組を追われてしまう、というちょっとヘビーな導入部分。心も体も傷ついた寡黙な男はやっぱり格好いいですね。そこで傍らで傷を癒してくれる美しい僧の澄海が何とも言えない雰囲気です。美しさって怪しいし僧っていうだけでも何故だかエロイ。阿頼耶識とやらに導かれてしまうのか、と思っただけでなんとも不思議。こういった世界ってありそうでなさそうで どうなるのかな~って先が気になりますね。
    • 参考になった 1
    投稿日:2016年07月08日
  • 匿名希望
    うーん…
    1話だけを読んだ感想なのですが、絵柄的に好みが分かれるかなぁと思います。シチュ的にはヤクザと坊主というどストライクに好みで受けとなるヤクザさんもいい感じに気の強さを感じられるのは楽しめました!
    いいところで終わってるので続きが気になる感じではありますが、個人的な感想としてはなんとなく色気が足りなくて少々残念かなぁ。
    • 参考になった 0
    投稿日:2016年07月07日
  • 匿名希望
    時代物?
    第一話を読んだだけの感想ですが、絵が古めかしくて線が細く背景なども閑散としているので好みが割れるかなぁと思います。ストーリーは抒情的な時代物?かと思いきや。。。これからの展開がなかなか読めない終わり方なので先が気になるところです。第1話が無料なので気になる方は試しに読んでみてはいかがでしょうか。
    • 参考になった 0
    投稿日:2016年06月26日
  • 匿名希望
    ネタバレあり
    坊主攻
    全体的に独特な空気感が漂っています。
    表紙から攻感は漂っていますが、登場当初は美人受な雰囲気のお坊様。
    受の彼も、当初は攻顔でしたけれど、濡れ場に突入するシーンではとてもかわいくセクシーでした。
    いざこれから!というところで次回に続くとなっているので、更新が待ち遠しいです!
    • 参考になった 2
    投稿日:2016年05月27日