技術革新は仕事を奪うか―週刊東洋経済eビジネス新書No.160

200円 (税別)

獲得ポイント 2pt (1%還元)

今後10~20年で人工知能(AI)やロボットに代替される可能性が高い職業に就いている人は、米国で47%に上る。日本でも、ほぼ同程度との調査が発表された。テクノロジーの進化はどこまで人間の仕事を奪うのか。もはやSFではない技術革新の驚異的なスピード。その現実を紹介しつつ、あわせて誰もが大きな変化に直面する近未来へ向けたポイントを探る。 本誌は『週刊東洋経済』2016年2月20日号掲載の15ページ分を電子化したものです。●●目次●●テクノロジーは仕事を奪うかAIが変える仕事の未来ロボットが同僚になる日シリコンバレー・年収相場は青天井トヨタはAIで勝てるのかプログラミング教育が注目を集めるワケ【COLUMN】 シェアリングが雇用を揺さぶる【INTERVIEW】 会社任せは禁物・スキルは自分で磨け

カゴに追加 200 円(税別)

今後10~20年で人工知能(AI)やロボットに代替される可能性が高い職業に就いている人は、米国で47%に上る。日本でも、ほぼ同程度との調査が発表された。テクノロジーの進化はどこまで人間の仕事を奪うのか。もはやSFではない技術革新の驚異的なスピード。その現実を紹介しつつ、あわせて誰もが大きな変化に直面する近未来へ向けたポイントを探る。 本誌は『週刊東洋経済』2016年2月20日号掲載の15ページ分を電子化したものです。●●目次●●テクノロジーは仕事を奪うかAIが変える仕事の未来ロボットが同僚になる日シリコンバレー・年収相場は青天井トヨタはAIで勝てるのかプログラミング教育が注目を集めるワケ【COLUMN】 シェアリングが雇用を揺さぶる【INTERVIEW】 会社任せは禁物・スキルは自分で磨け

レビューはありません レビューを書く
書籍の詳細

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。