書籍の詳細

村尾潤平、新たなる闘いに挑む!! 誰の目にも明らかな「★120%」を勝ちとった潤平たち夏休み生川『子どもバレエ』地方巡業―― その労をねぎらう綾子に対して潤平は、YAGP(ユースアメリカグランプリ)に出場したい決意を伝える!! はたして綾子が出した結論とは…!? 潤平の新たなる挑戦が今、始まる!!!!

総合評価
5.0 レビュー総数:2件
評価内訳
  • 0件
  • 0件
  • 0件
  • 0件

ダンス・ダンス・ダンスールのレビュー一覧

絞込み条件
  • レビュアー絞込み
表示形式
  • 表示件数
  • 表示順
  • 匿名希望
    最高。読んでて熱が出てくる。
    やっぱりジョージ朝倉ほど、熱量や高揚感を紙面にブチまけられる漫画家はいないのではと思う。
    ただただ、この異様なテンションの世界に飲み込まれてしまう。
    自分が主人公になったような最高の高揚感・快感がそこにはあります。
    • 参考になった 5
    投稿日:2017年07月12日
  • バレエ、と言われたらやっぱり女の子
    の、ならいごとかなと思ってしまいます。
    それくらい、バレエは身近なものではなかったし、
    男の子がやっているイメージはまずなかったです。
    この漫画にはバレエに心惹かれた少年が
    徐々に、そしてどっぷりと浸かっていく様が描かれています。
     
    少年の、男がバレエをやるなんて恥ずかしい、
    けれどやっぱり好きだ!という思いも、
    少年たちの、年相応の独りよがりなところも、
    そしてそれを叱る大人も、
    みんな等身大だな、と。
    ドラマになってもおかしくないストーリーで、
    けれどこの表現はきっと漫画でしか出来ないと思います。
     
     
     
    この漫画のキーワードは、
    バレエ、ドラマ、
    ん~~~難しい。
    • 参考になった 1
    投稿日:2017年02月07日