書籍の詳細

アサヒスーパードライから、ビール王者の座を奪回せよ―― 地方のダメ支店発、キリンビールの「常識はずれの大改革」が始まった! 筆者はキリンビール元営業本部長。「売る」ことを真摯に考え続けた男が実践した方法とは? 驚異の逆転劇から学ぶ、営業の極意、現状を打破する突破口の見つけ方! 大切なのは、「何のために働くのか」「自分の会社の存在意義は何なのか」という理念を自分で考え抜くことだ!

まだユーザーレビューはありません。最初のレビューを書いてみませんか?

キリンビール高知支店の奇跡 勝利の法則は現場で拾え!のレビュー一覧

絞込み条件
  • レビュアー絞込み
表示形式
  • 表示件数
  • 表示順
  • 高知発、東海、そして全国へ!! ダメ支店からの逆転力
    気軽に飲めるアルコール飲料として日本人に親しまれてきたビール。国産ビールについては、キリンビールが長らくトップシェアの座を守り抜いていたが、2001年にアサヒビールに明け渡すことになる。それから8年後の2009年にキリンは再び首位奪回を果たすが、そのときに同社代表取締役副社長兼営業本部長として全国本支店の指揮をとったのが本書の著者、田村潤氏だ。そして同氏の「闘い方」の原点は、1995年にほぼ左遷のようなかたちで赴任した高知支店支店長の経験にあった。本書では、同支店赴任後わずか2年半で業績を反転させた実績をつくった営業の考え方、具体的な戦略を経緯を追いながら明らかにするとともに、その後の著者の「より大きな舞台」での行動と実績を描いている。
    書籍ダイジェストサービス「SERENDIP」詳細はこちら
    投稿日:2016年07月08日