書籍の詳細

幼い頃にふたりでした「ないしょのあそび」。そのせいで、従弟である佑真の性癖を歪めてしまったとずっと思っていた靖大はある日を境に佑真を避けるようになってしまった。しかし、大学受験で靖大の住む部屋に転がり込んできた佑真は、自分の性癖はそれが原因ではないと言い張り、それどころか顔を合わせる度に身体を求めてくる。流されてはいけないと仕事に逃げる毎日だが、衝動的に迫られ、子供だと思っていた佑真のオトコな発言に思わずひっぱたいてしまう。それでも懲りずに向かってくる佑真に、靖大は――…?

総合評価
4.0 レビュー総数:1件
評価内訳
  • 0件
  • 0件
  • 0件
  • 0件

ジーン・クラッシャーのレビュー一覧

絞込み条件
  • レビュアー絞込み
表示形式
  • 表示件数
  • 表示順
  • さてさて?
    年の離れた従兄弟同士の話。暗い雰囲気の出だしが好みで購入。攻めの大学生、佑真の強かそうな態度にくらべ、常に及び腰の受けの社会人、康大。幼い頃の佑真が可愛くて可愛くてイタズラしてしまい、そのせいで佑真の性癖が歪んでしまったと責任を感じ、佑真を避けている。の、わりにはガードは緩いなぁ(笑)まぁ、そもそも《可愛い佑真》に我慢が効かずイタズラしてしまったくらいなので(笑)仕方無いんですけどね。絵は綺麗です。受けの、強かな攻めにほだされていく表情をもっと見たかったな。
    • 参考になった 2
    投稿日:2016年05月21日