書籍の詳細

景を失い、男達の闘いは激化する――! 七五三兵衛の銛に撃ち抜かれ、難波の海に沈んだ景。眞鍋海賊は茫然自失の雑賀衆を後にし、景を救う為に舞い戻ってきた村上海賊と正面から激突!! 詞戦いや村上海賊の秘密兵器も登場し、いよいよ戦は熾烈の極みへ!! 景のいない戦場で、それでも男達はそれぞれの意地と誇りを賭け、史上に残る大海戦を繰り広げる―――!!

総合評価
3.0 レビュー総数:1件
評価内訳
  • 0件
  • 0件
  • 0件
  • 0件

村上海賊の娘のレビュー一覧

絞込み条件
  • レビュアー絞込み
表示形式
  • 表示件数
  • 表示順
  • 迫力のある活劇だが話はイマイチ。
    「信長のシェフ」や「信長を殺した男~本能寺の変 431年目の真実~」など織田信長にフォーカスを当てた作品は多いし、個人的に大好きだが、本作はそんな時代に活躍した村上水軍の、しかも頭領の娘が主人公。絵に迫力はあるし活劇としては面白いが、ちょっとフィクション過ぎるし話がぶっ飛んでいるし、上の2作に比べるとイマイチかなぁ。原作小説は本屋大賞や吉川英治文学新人賞を受賞しているとのことなので、これはコミカライズの問題なのか?
    • 参考になった 3
    投稿日:2017年12月24日