書籍の詳細

戦争を阻止する目的で「大和」を造ることに決めた櫂。自らが設計した新「大和」の建造計画を進めるべく海軍の承認会議に臨む。櫂はそこで新「大和」の必要性を説くために、画期的なハワイ攻撃作戦を提唱する。しかし、その作戦は上層部の戦意を高揚させ過ぎる結果に‥‥? 新たな仲間も加わり、物語は新展開へ動き出す!

総合評価
2.0 レビュー総数:1件
評価内訳
  • 0件
  • 0件
  • 0件
  • 0件

アルキメデスの大戦のレビュー一覧

絞込み条件
  • レビュアー絞込み
表示形式
  • 表示件数
  • 表示順
  • 好みに合わない・の一言で括れない
    今回はこの作品というより三田氏全体の作風へのレビューです。
    物語の視点や展開、特に心証描写という意味ではかなり凄い作家さんなのは解るんです。
    今回も永らく続いた高校野球ネタから外れて海軍ネタに掛かり、読んでみたんですが、
    続かない。
    ナンというか、ハナシと絵柄にギャップがありすぎて、感情移入に至らないというか・・・・
    そこに持ってきて特に『人の修羅』というモノは凄く描き出してるので、
    巧く言えないんですが、
    「ひたすら怖い」
    ンですね。
    物語や展開がしっかりしてるので一応目は通すんですが、そこで終わって惹きつけられません。
    (感想には個人差があります(^^ゞ)
    • 参考になった 6
    投稿日:2017年02月07日