書籍の詳細

悲劇のドーハから4年―――、再びW杯に挑む、熱い戦いの季節がやってきた、悲願を果たすべく、赤星鷹を筆頭に、新生日本代表が集結。レギュラー争いに、ポジション争いと、熾烈な戦いが早くもはじまる。本戦よりも厳しいとうたわれる、W杯アジア最終予選。日本初戦の相手はアジア最強の催事アラビアだ。まずは若手メンバーを中心に、日本は攻撃的な布陣で臨むが…!? 新たな戦いの火蓋が、今切って落とされた! 電子書籍版特典として当時を振り返る作者自身によるあとがき収録!!

総合評価
5.0 レビュー総数:1件
評価内訳
  • 0件
  • 0件
  • 0件
  • 0件

Jドリーム 完全燃焼編のレビュー一覧

絞込み条件
  • レビュアー絞込み
表示形式
  • 表示件数
  • 表示順
  • 悲劇から歓喜へ 日本代表のW杯出場までを描く
    Jリーグ発足から「ドーハの悲劇」までの現実と並行して連載されていた「Jドリーム」、「ドーハの悲劇」を受けて舞台をワールドユース編に移してやや現実世界から離れて描いた「Jドリーム 飛翔編」に続き、「ジョホールバルの歓喜」の後に再び舞台をW杯アジア最終予選に戻してW杯出場までを描き始めた第三部とも言うべき本作「Jドリーム 完全燃焼編」。
    今でこそ強くなった日本代表だが、「ジョホールバルの歓喜」の頃にはどの試合でも苦戦に次ぐ苦戦だったからこそ胃が痛くなるような予選道中と歓喜の瞬間があったわけで、その雰囲気がとても良く反映されている。作者の電子書籍特典の巻末あとがきによれば、終着点である「W杯出場」が見えている上での連載開始だったので、盛り上げるために現実世界とは違う仮想の国を入れたりして工夫したそうだが、とても楽しめた。
    • 参考になった 0
    投稿日:2016年12月30日