書籍の詳細

言葉の真偽、虚実を瞬時に判別できてしまう。それが臨床真実士と呼ばれる本多唯花の持つ障害。大学で心理学を学ぶ彼女のもとに旧家の跡取り息子、文渡英佐から依頼が持ち込まれる。「一族のなかで嘘をついているのが誰か鑑定してください」外界から隔絶された天空の村で、英佐の弟・慶佐が殺された。財閥の継承権も絡んだ複雑な一族の因縁をユイカの知と論理が解き明かす!

総合評価
4.0 レビュー総数:1件
評価内訳
  • 0件
  • 0件
  • 0件
  • 0件

臨床真実士ユイカの論理のレビュー一覧

絞込み条件
  • レビュアー絞込み
表示形式
  • 表示件数
  • 表示順
  • 匿名希望
    ネタバレあり
    あれ?既読感があるゾ
    http://www.ebookjapan.jp/ebj/302404/
    恋と禁忌の述語論理
    作者:井上真偽
    上記よりも面白いとは思うけど記号論的ミステリとしては劣るかな。
    • 参考になった 1
    投稿日:2016年04月24日