書籍の詳細

2019年、文化首都 京都を舞台に、地中より発見された蝙蝠寺に封じられた「凱羅」の秘密を求め、機動僧兵、自衛隊特務部隊、マッドサイエンティストたちが跋扈する! 迎え撃つのは“つつあるき”の善鏡(ぜんきょう)率いる異能の集団「凱羅六歌仙」。遺伝子変異により発現した特異能力を駆使した闘いの行方は…! カルト的人気を誇る板橋しゅうほうの名作SF マンガ、サイバーパンクを先取りした鮮烈なジャパニーズ・コミックが待望の復活!

総合評価
4.0 レビュー総数:1件
評価内訳
  • 0件
  • 0件
  • 0件
  • 0件

凱羅 GAIRA -妖都幻獣秘録-のレビュー一覧

絞込み条件
  • レビュアー絞込み
表示形式
  • 表示件数
  • 表示順
  • 2018年、舞台はもう直ぐ!
    発売当時、板橋しゅうほう氏の作品は、発行部数が少なかったのか、入手が非常に困難で、1巻購入後、続巻を読む事が出来なかった。
    作品の舞台である2019年が迫った今、最後まで読む事が出来て、感動!
    今読んでも、古さは全く感じられない。
    SF、ファンタジーファンの方は、是非、御一読を!
    • 参考になった 0
    投稿日:2018年01月16日