書籍の詳細

やんごとなき身分の宮さま × 激情一途な姫。生霊となり夜ごと現われ、閉じ込められた姫に甘美な悦びを与え淫らに姫を喘がせる――。今帝の治世を磐石なものにしようと目論む者たちに陥れられた蛍宮は、謀反の嫌疑を晴らすために姫をひとり残して出家する。宮中の陰謀に翻弄され蛍宮と引き離された姫は今帝への入内を拒み、館へと監禁されてしまう。閉じ込められた姫のもとへ、生霊となった蛍宮が現われる。愛欲の逢瀬を重ねるうちに蛍泉の額には鬼の角が生え、毎夜与えられる快楽に姫の激情はなお増していく。日ごとにやせ衰えていく姫を案じた父宮が呼んだ陰陽師が、姫に伝えたのは思いもよらぬことだった! 激情と愛欲の果てにあるのは……。

総合評価
3.0 レビュー総数:1件
評価内訳
  • 0件
  • 0件
  • 0件
  • 0件

er-平安蜜戯 囚われの姫君は愛欲の逢瀬に喘ぐのレビュー一覧

絞込み条件
  • レビュアー絞込み
表示形式
  • 表示件数
  • 表示順
  • 匿名希望
    あまり時代物を読まないのですが
    イラストにつられて。平安の世を垣間見ているような錯覚に陥り、物語に引き込まれました~。
    • 参考になった 0
    投稿日:2016年04月25日