書籍の詳細

ちょっと残念な女子が集う、さいのたま女子高校。だいぶ偏差値が足りない田中(通称バカ)と、BLに傾倒する菊池(通称:ヲタ)、無表情な才女・鷺宮(通称:ロボ)。彼女達とその周りに生息する色とりどりの仲間たちが、今しか生きられない “女子高生”を無駄に浪費する、必笑の日常学園コメディ──!!!

総合評価
5.0 レビュー総数:1件
評価内訳
  • 0件
  • 0件
  • 0件
  • 0件

女子高生の無駄づかいのレビュー一覧

絞込み条件
  • レビュアー絞込み
表示形式
  • 表示件数
  • 表示順
  • 女子高生限定のゆるグダバカコメディー
    「女子高生」という単語につられて、本書を手にとられた方。お読みになると、タイトル『女子高生の無駄づかい』の意味を実感できるかと思います。
    でも決して、読んだ時間は無駄になりません。なぜならタイトルは『女子高生の(キャラクターとしての)無駄づかい』という意味ではなく、『女子高生の(彼女たちに与えられた輝かしい時間を、彼女たちはこんなにも)無駄づかい(している)』という意味ですから。
    笑えます。そしてもちろん、萌えることも可。
    • 参考になった 0
    投稿日:2017年02月27日