書籍の詳細

連続児童誘拐殺人事件の真犯人の「手記」。それが読み解かれる時、“もうひとつの真実”が明かされる――。藤沼悟(サトル)の壮絶な追跡の果てに、ついに連続児童誘拐殺人事件の真犯人は逮捕された。犯人は一審で死刑判決を下されるが、発見された犯人の「手記」に頻出する“スパイス”なる謎の存在への呼び掛けから、精神鑑定によって、一転して無罪判決になってしまう。検察は即日上告するが、犯人はなぜか無罪を勝ち取った弁護士を罷免し、若き弁護士・小林賢也(ケンヤ)が国選弁護人として指名された。彼はサトルの親友であり、自身も事件の当事者の一人だった。ケンヤは戸惑いを覚えながらも、手記を通じて犯人の不可解な内面を探り、己の“正義”をも突き詰めていこうとする。そして、ついに訪れる最高裁での審理。そこで明かされた、ある“真意”とは……!? 真犯人逮捕の“その後”を描く、衝撃のオリジナルストーリー。原作・三部けい氏も絶賛!! 物語の深層に迫る、感動と驚愕のラストを体験せよ!※本書では、原作コミックス「僕だけがいない街」で明かされる、事件の真犯人の名前や真相が明記されています。あらかじめご了承ください。

総合評価
2.0 レビュー総数:1件
評価内訳
  • 0件
  • 0件
  • 0件
  • 0件

僕だけがいない街 Another Recordのレビュー一覧

絞込み条件
  • レビュアー絞込み
表示形式
  • 表示件数
  • 表示順
  • 匿名希望
    ネタバレあり
    漫画の世界観とかみ合わなくて残念
    漫画のあの気持ち悪い目にゾクゾクしていた私としましては
    相手を救済するっていう動機付けにガッカリしてしまいました。
    これではそもそも彩ちゃんのケースを説明できないではないか!
    人を殺すことで自分の生を実感できるっていう普通の変態(?)のままでいてほしかった。
    8巻が待ち切れずに読んでみましたが、三部先生自身の作品じゃないし、読まなきゃよかったかなぁ。。
    • 参考になった 2
    投稿日:2016年04月26日