書籍の詳細

アケミの血で慣性(モメント)人間となった月夫は、ひとり砦を去っていった。友を失ったことで、彼らの緊張の糸が切れ、戦いの疲れはあきらめに変わり始めていた。そんなとき囁き子が典明の子を身ごもる。新しい生命の誕生に勇気づけられた彼らは、最後の力を振りしぼって反撃にのぞむ。少年たちの愛と勇気は報いられるのか。涙に心洗われる感動の結末とは?

まだユーザーレビューはありません。最初のレビューを書いてみませんか?

少年の町ZFのレビュー一覧

絞込み条件
  • レビュアー絞込み
表示形式
  • 表示件数
  • 表示順
  • 東京の空に謎の発光体(=UFO)が出現。これを目撃した11人の少年達はその発行体を追い、高陣山へ向かう…。こんなオーソドックスな導入部にも関わらず、続く話の盛り上げ方の上手さにびっくりしてしまいました。ピクニック気分の探索から場面は一転、どしゃぶりの雨の下に笑い声とともに佇む美少女が…、と、きたらもうこの先が気になって仕方がない。うまく書けなくてもどかしいですが、対比のさせ方と波紋の投げかけ方が絶妙で、ドキドキ感が途切れないんですね。少年達の中にひとりだけ謎の美少女を入れ、冷静沈着なリーダーにはライバルの野性味あふれる少年を絡ませる。そしてそのリーダーにも本能的な面があることを描写。敵は神のようでもあり悪魔のようでもあり、精神的に少年達を追い詰めていく。これらのエピソードを積み重ねることにより、キャラの特徴はどんどん際立ち、サスペンス要素はますます深まっていきます。さすがに名作といわれることはありますね。これを読んだら昨今のパニックSF漫画って、亜流にしか見えなくなってしまうなあ。(2011/9/9)
    • 参考になった 0
    投稿日:2011年09月09日