書籍の詳細

「100歳まで頑張る」と話していた98歳の母の首に、74歳の息子が手をかけた――。これが自分だったら、一線を越えずにいられただろうか?記者が見つめた法廷の人間ドラマ29編。朝日新聞デジタルの人気連載、ついに書籍化! ◇就寝中の28歳の息子の胸を刃物で刺し、命を奪った父。裁判長も認めた「相当やむを得ない事情」とは――。◇介護が必要になった夫に、長年連れ添った妻が手をあげた。頭によぎったのは、36年前の夫の裏切り――。◇法律家への狭き門・司法試験。その問題を長年作り続けてきた憲法学の第一人者が、教え子の女性に試験問題を漏らして、被告人席に立った――。裁判所の傍聴席で日々取材をする記者が、強く心に残った事件の裁判の模様を綴る、朝日新聞デジタル版の連載「きょうも傍聴席にいます」。本書は「泣けた」「他人事ではない」と毎回多くの反響が寄せられる、この人気連載を書籍化。連載開始の2013年5月から昨年末までに掲載された全29編を収録する。介護に疲れはて……。育児に追い詰められ……。恋愛のもつれのはてに……。借金が膨らみ……。法廷はまさに人生と世相の縮図である。一線を越えてしまった被告の、生(なま)の言葉と息づかいに、深く心を揺さぶられる読み物である。

まだユーザーレビューはありません。最初のレビューを書いてみませんか?

母さんごめん、もう無理だ きょうも傍聴席にいますのレビュー一覧

絞込み条件
  • レビュアー絞込み
表示形式
  • 表示件数
  • 表示順
  •  ごみ袋を頭からと足から2枚かぶせて、粘着テープでつなぎ合わせて、5歳の息子の命を奪ってしまった母親がいた。
    〈「おかあと結婚する」。5歳の息子は、口癖のように繰り返した。こっそりと用意したランドセル。背負ったら、どんなに喜ぶことだろう──。なのに母親は、その姿に接することもなく、息子に家庭用のごみ袋をかぶせ、命を奪ってしまった。〉

     社会を揺るがす大事件ではありません。有名人の名前もありません。全国各地の裁判所(主として地方裁判所)で行われている「注目されることのない裁判」――普通の人びとが突然「被告」となって、その家族や友人・知人が証言台に立ちます。
     なぜ、彼は、彼女は「被告人」として裁かれるに至ったのか。傍聴席に座り続ける新聞記者が法廷で語られる重い言葉の一つ一つを紡いでいった朝日新聞デジタルの連載「きょうも傍聴席にいます。」が一冊の本にまとめられました。先の引用はその注目の書『母さんごめん、もう無理だ きょうも傍聴席にいます』(幻冬舎、2016年3月9日配信)の書き出しの一節です。

    「おかあと結婚する」無邪気に言っていた5歳の息子の命を奪ってしまった母親――原千枝子被告(42、仮名)は2013年9月25日、初公判に臨んだ。東京地裁715号法廷。傍聴席はほぼ満席だった。検察側の起訴状朗読に続く被告人の罪状認否。黒のカーディガンとパンツ姿の彼女は、
    「私がしたことで……忠志が亡くなったことに間違いありません」
     と、消え入りそうな声で起訴内容を認めた。
     税理士の資格を持ち、夫が経営する会社で事務を担当しながら、4人の子どもを育てていた原被告に、いったい何があったのか。栽培員裁判で行われた審理はどのように展開していったのか。
     10月3日に言い渡された判決は、懲役3年、保護観察付き執行猶予5年。そのまま確定した。

    〈100歳まで頑張る──。そう話していた98歳の母の首に、74歳の息子が手をかけた。老老介護のすえの悲劇。2人だけの暮らしに、何があったのか。〉

     表題作「母さんごめん、もう無理だ」を、小林孝也記者はこう書き始めます。
     2015年6月25日、岐阜地裁であった裁判員裁判。問われたのは10年以上介護してきた母を殺した殺人の罪。

    〈裁判長「被告人を懲役3年に処する。5年間その刑の執行を猶予する」〉

     無精ひげを生やした魚谷克也被告(74、仮名)は、背中を丸め、表情を変えずに判決を聞いた――小林記者はこう続けます。
     福岡県の高校を卒業後、25歳で旧国鉄に入り、定年まで大過なく勤め上げた魚谷被告。過去に警察のお世話になったのは交通違反だけだ。両親と妻、二人の娘の6人家族、大垣市内の一軒家で普通に暮らしていた。
     認知症が進んではいたが、100歳で市長のお祝いをうけるまで頑張ると言っていた母。しばしば、介護福祉士に「息子のところへ連れて行って」と頼んでいたという母。そんな母を長年頑張って世話してきた74歳の魚谷被告はどんな思いで一線を越えてしまったのか。

     小林記者の傍聴席報告の最終行――。
    〈検察側、弁護側とも控訴せず、判決は確定した。〉

    「妻と娘を守る必要がある」何が、真面目な会社員を追い込んでいったのか。
    〈就寝中の息子の胸を刃物で刺し、命を奪った父に告げられたのは、執行猶予付きの判決だった。東京地裁立川支部で11月下旬(引用者注:2014年11月21日)にあった裁判員裁判。裁判長は「相当やむを得ない事情があった」と述べた。ともにプラモデル作りが好きで、二人三脚で大学受験に臨むほど仲がよかった父子に、何があったのか。〉

     三男(事件当時28)を殺したとして殺人罪に問われた樋口敏明被告(65、仮名)。東京都八王子市在住、監査法人の会社員で、同僚からは「まじめ」「誠実」と思われていたという。そのまじめな会社員を三男の家庭内暴力が追い詰めていった。

     樋口被告は法廷でこう語っています。
    〈「私は、妻と娘を守る義務がある。警察や病院で対応できることには限度があるが、暴力を受ける側は悠長なことは言っていられない。私は夫として、父として、こうするしか思いつきませんでした」〉

     樋口被告は、三男の胸に刃物を突き刺したあと、朝まで寄り添って寝ました。
    〈 弁護人「何のために添い寝を」
     被告「三男とは、もとは仲がよかった。三男のことを考えたかった」
     被告は法廷で、何度か三男との思い出を口にした。
     ともにプラモデルが好きで、かつて三男は鉄人28号の模型を自分のために作ってくれた。大学受験のときには一緒に勉強し、合格通知を受け取った三男は「お父さん、ありがとう」と言った。大学の入学式、スーツ姿でさっそうと歩く三男を見て、とてもうれしかった──と。〉

     父と息子、そして家族の間に何があり、何が変わり、何が変わっていないのか。
     執行猶予のついた判決が下されたとき、
    〈法廷には、妻のすすり泣く声が響いていた〉

     残った家族のそれからに思いをはせるように綴った塩入彩記者のラストが心に残ります。

     明日、「被告人」になって法廷に立つのは、私たち自身かもしれません。あなたの隣人かもしれません。全国の裁判所で毎日のように行われている「小さな事件」の裁判を通して見えてくるのは、「いま」という時代を生きる普通の人びとの人生そのものです。

    〈はじまりは、居酒屋で交わした何げない会話だった。
    「いま取材している裁判で100行書きたい。30行じゃあ、とても書けないですよ」
     こう訴えてきたのは、東京地裁で刑事裁判を担当していた記者。「100行」とは新聞記事の行数だ。1行12字なので、約1200字。政治家の汚職事件など、社会の注目を集めるような大型裁判でなければ、ふつう「100行」はあり得ない。
    「そりゃ無理だろ。30行以上は載らないよ」
     裁判取材の取りまとめ役だった私は、むげに返した。記者が取材していたのは注目裁判でもなく、正直に言えば30行も載るかどうか、と思っていた。しかし、記者は引かない。
    「ネットだけでもいいです。絶対に読まれる自信があります!」
     出てきた原稿は200行近かった。しかし、長さは苦にならない。おもしろい。ほとんど行数を削らずに、ネット上に記事を配信している朝日新聞デジタルの編集部に持ち込んだ。〉
     本書あとがきで、企画のはじまりが居酒屋での会話だったことを明かした朝日新聞前司法記者クラブキャップの野村周記者は、さらにこう続けます。

    〈実は、これまで新聞が記事にしてこなかった「小さな事件」の裁判にこそ、私たち記者が目を向けるべきことが多かったのかもしれない。親子のこと、夫婦のこと、病のこと……。ふつうの暮らしのなかで、もしかしたら自分も抱えるかもしれない悩みがある。それがこじれ、犯罪につながってしまう。どうすれば、その手前で踏みとどまることができたのか。
     これからも全国の裁判所の傍聴席から、さまざまな裁判を見つめ、報告していきたい。〉

     戦後70年を過ぎ、平成になってから28年。「豊かな時代」はいまや幻想だったと思わざるをえないまでに経済的格差が拡大し、先が見えない社会状況。タックスヘイヴン(租税回避地)を利用して資産を蓄える一握りの資産家がいる一方で、認知症が進む老母を看きれなくなって、その首に手をかけてしまった74歳の息子がいます。閉塞する社会に生きる人びとの息づかいにじっくり耳を傾ける企画です――「裁判傍聴業」を自認していた作家・佐木隆三さんはもういません。第2弾はいつか。待ってます。
    (2016/5/13)
    • 参考になった 7
    投稿日:2016年05月13日