書籍の詳細

「そなたを秘密裏に監禁し、こうして夜な夜な犯してやるのもいいかもしれんな」猛将・平蔵は、屋敷で働く凛に惚れていたが、その正体は潜入していた忍びだと発覚する。激昂した平蔵は、縄で縛った凛を激しく蹂躙。淫らに蕩ける身体に情欲と独占欲は燃え上がるが、凛は平蔵の元から姿を消してしまう。実は凛も平蔵を愛していたが、忍びに許される事ではなかったのだ。再会し、濃厚な愛欲に溺れる二人…だが引き裂こうとする者が現れ!?

総合評価
4.0 レビュー総数:1件
評価内訳
  • 0件
  • 0件
  • 0件
  • 0件

忍姦~蜜戯の策~【イラスト入り】のレビュー一覧

絞込み条件
  • レビュアー絞込み
表示形式
  • 表示件数
  • 表示順
  • やばー
    丸木先生の本を初めて購入しました。
    この話は…本当に「純愛」ですよね~
    あと、すっごいエロいです(笑)
    またね、言葉が時代劇調なのが余計にイイ!
    笠井あゆみ先生のイラスト、すごくイイ!!!
    最後、ちょっと「わぁ」って思ってしまった出来事が主人公にふりかかる場面があります。でも、話の流れとして、私はそれは「必要」だと思いました。エグイですけど、でもふたりが一緒にいるために必要だったかな…って。
    時代が時代ですしね。。。
    エグイのが苦手な人はちょっとだけ用心して読んで下さいね。
    • 参考になった 4
    投稿日:2016年04月25日