書籍の詳細

「可愛い」とは正反対、不動明王似の明子。それでもブスであることを自覚し、それなりに楽しく、身の程に合った人生を送っていた。親友で美人、だけど地味なまなちゃんと、しこたま飲んだ翌朝目が覚めるとビックリすることが起こっていて――! 「美人になりたい」女性の欲望を描いた、アラサー女子の美醜をめぐる、鮮烈ストーリー!

まだユーザーレビューはありません。最初のレビューを書いてみませんか?

鏡の前で会いましょう 分冊版のレビュー一覧

絞込み条件
  • レビュアー絞込み
表示形式
  • 表示件数
  • 表示順
  • 外見にコンプレックスのある明子と、美人だけど意思表示が苦手でなまな。ある日二人が入れ替わってしまい…!?
    入れ替わる当人がアラサーどうしのため、なかなかエグいです。「『ブス』という言葉には呪いがかかってる『おまえなんか誰からも選ばれないぞ』って呪い」というセリフはぐさりと来ました…。一方で美人だけど内面の未熟なまなが苦労する場面もあり、どちらにも共感。女子が一度は感じたことのある美醜のモヤモヤが詰め込まれていて、でも最後は勇気をくれる作品です!
    • 参考になった 0
    投稿日:2017年03月24日