書籍の詳細

リニューアル工事が2016年3月に完成する「ギネス世界一の乗降客数」をほこる新宿駅の謎を、駅研究の第一人者である田村圭介准教授と、気鋭のゲームクリエイター上原大介が解く!地上2階、地下7階の新宿駅はどのようにして、平均乗降客数364万人/日をさばいているのか。謎1)新宿駅はギネス世界一の乗降者数をどうさばいているのか?謎2)なぜ新宿には、駅名に「新宿」とつく駅が10もあるのか謎3)新宿駅の谷間に存在する7つの抜け道の秘密謎4)新宿駅と内藤新宿、新宿花街ができた理由謎5)新宿駅はなぜサグラダ・ファミリアより長く工事が続いているのか謎6)改札の中に改札があるわけ謎7)ル・コルビュジェ唯一の日本人弟子が新宿駅周辺をつくっている謎8)新宿駅を使う364万人とはどういう人か?謎9)新宿駅が日本最大のアトラクション(ダンジョン)である理由

まだユーザーレビューはありません。最初のレビューを書いてみませんか?

新宿駅はなぜ1日364万人をさばけるのかのレビュー一覧

絞込み条件
  • レビュアー絞込み
表示形式
  • 表示件数
  • 表示順
  • 世界最大の迷宮(ダンジョン)、新宿駅の謎を解く
    東京の「新宿駅」では、1日でドイツの首都ベルリンの人口とほぼ同数の364万人もの人が乗り降りする。これは「乗降客数世界一」としてギネスブックにも記録されている。だが、それでいて同駅は、大きな事故も起こさず、重要な交通結束点として膨大な人数を毎日さばいている。どうしてそんなことが可能なのだろうか? 本書では、多数の路線やいくつもの「“新宿”がつく駅」、複雑に入り組んだ通路からなるダンジョン(迷宮、地下牢)のような「新宿駅」の空間構造を解き明かすことで、その謎を解くヒントを提供している。
    書籍ダイジェストサービス「SERENDIP」詳細はこちら
    投稿日:2016年04月29日