書籍の詳細

中堅都銀・よつば銀行の原島浩美は同期トップで昇進を果たした。赴任先は下町の台東支店。理想の銀行像を求めて、男の社会の荒波をマイペースで泳ぎ切る。バブル崩壊後の金融界を描く人気作品が電書で復刊!

総合評価
5.0 レビュー総数:2件
評価内訳
  • 0件
  • 0件
  • 0件
  • 0件

この女に賭けろのレビュー一覧

絞込み条件
  • レビュアー絞込み
表示形式
  • 表示件数
  • 表示順
  • 匿名希望
    ぜひ、多くの人に読んでもらいたい名作だと思う。
    電子書籍化されないか、ずっと待っていました。電子書籍化されていて、すぐに購入しました。20年前ぐらいによく行く喫茶店で、たまたま手にして読んでいておもしろかった記憶があり、また、読みたいなと思っていました。その店には、5巻までしか置いてなかったので、中途半端な感じで終わった印象であったのですが、15巻まであったんですね。最後まで読んでみての感想は、やっぱりおもしろいです。そして、何とも言えない爽快感です。多くの人に読んでもらいたい名作だと思います。主人公の原島浩美さんがとても魅力的であり、銀行の仕事をこんなにおもしろいと思わせる作品は他にないと思います。
    • 参考になった 2
    投稿日:2016年11月12日
  • 匿名希望
    今読んでも古びていない!
    電子書籍化をずっと待っていたので、ひたすら喜んでいます。今からもう20年ほど前に書かれた作品なので様々な意匠は確かに古いのですが、描かれるテーマは今読んでも全然古びていません。とはいえ、20年たっても大企業の女性総合職を主人公に据えたこの話のテーマが古びて見えないことはいいことなのかどうか、痛しかゆしですが。
    主人公の原島浩美はもとより、海千山千の登場人物が非常に魅力的です。特に台東支店長、大注目です。
    • 参考になった 3
    投稿日:2016年04月18日