書籍の詳細

開成、筑波大付属駒場、灘、麻布など進学校の中学受験塾として圧倒的なシェアを誇る「サピックス小学部」。そして、その名門校の合格者だけが入塾を許される、秘密結社のような塾「鉄緑会」。なんと東大理IIIの合格者の6割以上が鉄緑会出身だという。いまや、この二つの塾がこの国の“頭脳”を育てていると言っても過言ではない。本書では、出身者の体験談や元講師の証言を元に、サピックス一人勝ちの理由と、鉄緑会の秘密を徹底的に解剖。学歴社会ならぬ「塾歴社会」がもたらす、その光と闇を詳らかにする。

まだユーザーレビューはありません。最初のレビューを書いてみませんか?

ルポ塾歴社会 日本のエリート教育を牛耳る「鉄緑会」と「サピックス」の正体のレビュー一覧

絞込み条件
  • レビュアー絞込み
表示形式
  • 表示件数
  • 表示順
  • 学歴ではなく“塾歴”が「勝ち組」を作る!
    日本の小学生から高校生までの「学習」において、「塾」の存在は大きい。東京大学(東大)をはじめとする難関大学をめざす学力上位層も例外ではない。今、エリート予備軍である彼ら彼女らの多数が通うのが「サピックス小学部」と「鉄緑会」だ。サピックスで中学受験対策をして東大合格者ランキング上位を占める「名門校」に入学、そしてそうした名門校を「指定校」として優先入塾させる鉄緑会で、中高一貫の6年間大学受験対策をして難関大学に合格する「王道」ができているのだという。本書は、この二つの塾や「名門校」などの取材を通して、こうした日本特有の「塾歴社会」の実態を明らかにし、日本の教育、そして日本社会に対し問題提起を行っている。
    書籍ダイジェストサービス「SERENDIP」詳細はこちら
    投稿日:2016年05月27日