書籍の詳細

上月しぐれは嘘が大嫌いで苦労性な研究所の事務職員だ。ふとしたきっかけで上月は羽賀郡司の親友・前河と親しくなった。羽賀は「神の申し子・孤高の天才」と称される研究者でノーベル賞にもっとも近い男と言われている。常にマスクをしているのに、容姿端麗と言われ謎に包まれた彼はいつも職場で噂の的だ。前河となにげなく交わす会話も羽賀のことばかり。だが、その時間がとても楽しみになっている自分に気づく。そんな折、誤解が誤解を呼んで、上月は羽賀からひどい仕打ちを受けてしまい!?

総合評価
3.0 レビュー総数:2件
評価内訳

俺のせいにしちゃいなよ 【イラスト付】のレビュー一覧

絞込み条件
  • レビュアー絞込み
表示形式
  • 表示件数
  • 表示順
  • 匿名希望
    ごめんなさい
    これからは、不精せずきちんと立ち読みしてから購入しようと思いました。
    イラストだけで決めてはいけないね。
    まるっきり文章が合わなかった…。これはもう、本当相性とかそういうものだと思いますので、
    ☆落として申し訳ないですが。
    でも、キャラクターの外見描写と言動とに乖離が見られるのだけちょっと指摘したくなりますね。
    地味顔キャラだと言動と地の文で思わせておいて思いのほか良い見た目っぽいし、
    美形の孤高系天才謎キャラと描写しておいて陽気なオネエな言動ってどうなんだよ、とか
    読み進んで行く上でガタガタガタっと気を削がれる流れが多かったです。
    • 参考になった 0
    投稿日:2017年03月30日
  • ネタバレあり
    天才ってコワイ‼
    あらすじを読んで気になって購入しました。お人好しで真面目な事務職員・上月(受)が美形で変態な天才研究者・羽賀(攻)にロックオンされてしまうコメディです。初めの方は、文章が誰視点なのか分かりづらいところもありましたが、読んでいくうちに大丈夫になりました。また、設定にツッコミたくなるところもチラホラあったりしましたが、話の流れ的には流せる感じでした。どうしても上月を手に入れたくて色々画策する羽賀。スイッチが入った天才って超コワイと思って引きました。が、どんな手を使って常識人の上月を落とすのか、気になってどんどん読んでしまいました。最終的には、ただただ上月が大好きで上月がほしいという羽賀の思いの強さと深さがよかったです。エロははっきり言って、本当に最後の数ページです。しかも最後までやっていません!でも、逆にショートとか続きが読みたくなりました。恋愛のプロセスを楽しむ方にオススメです。
    • 参考になった 1
    投稿日:2016年05月15日