書籍の詳細

「平成の話とは思えない!」「こんな村があるなんて!」と、WEB連載時から大反響!!衝撃的な初投稿作品が単行本に!「所有のない社会」を目指す「カルト村」で生まれ、19歳のときに自分の意志で村を出た著者が、両親と離され、労働、空腹、体罰が当たり前の暮らしを送っていた少女時代を回想して描いた「実録コミックエッセイ」。〈カルト村ってどんなとこ?〉●大人と子供の生活空間が別々 ●朝5時半起床で労働 ●布団は2人で1組●食事は昼と夜のみ ●卵ミルクを飲ませられる ●お小遣いはもらえない●すべてのモノが共有で、服もお下がり ●男子は丸刈り、女子はショートカット●ビンタ、正座、食事抜きなど体罰は当たり前 ●手紙は検閲される●テレビは「日本昔ばなし」のみ ●漫画は禁止、ペットも飼えない●自然はいっぱい。探険など外遊びは楽しい♪

まだユーザーレビューはありません。最初のレビューを書いてみませんか?

カルト村で生まれました。のレビュー一覧

絞込み条件
  • レビュアー絞込み
表示形式
  • 表示件数
  • 表示順
  • これって平成の話!?フィクション!?と思いきや実話! 「所有のない世界」を目指す「カルト村」で育った著者が、少女時代を回想して描いた実録コミックエッセイです。【食事は昼と夜のみでいつも空腹】【ビンタに正座、食事抜きなど体罰は当たり前】【大人と子供の生活空間が別で両親とも違う村に住む】などなど、信じがたい話が続々と…。でも著者はそんな村を断罪するでもなく恨むでもなく、こんなことあったなーあんなことあったなーいいこともあったなーと懐かしさも込めつつ語るので、胸糞悪さのようなものはありません。へ~こんなところもあるんだなぁと気軽にちょっと変わった世界を覗ける、そんな1冊となっております。「このマンガがすごい!2017」オンナ編18位にもランクインした隠れた名作をぜひ★
    • 参考になった 3
    投稿日:2017年01月20日