書籍の詳細

「それでも 一つの命――…」 明日の“赤の矢”とメトロポリマンの“白の矢”の撃ち合いによる1対1の攻防。向かい合う緊迫した空気と縮まる両者の距離。決着の時は近づいていた。生きる為。願いを叶える為。命を燃やし、戦う者達の結末は――。

総合評価
4.0 レビュー総数:2件
評価内訳
  • 0件
  • 0件
  • 0件
  • 0件

プラチナエンドのレビュー一覧

絞込み条件
  • レビュアー絞込み
表示形式
  • 表示件数
  • 表示順
  • 匿名希望
    絵がきれい
    ストーリーはまぁまぁ面白いが
    自称頭脳派キャラの頭の悪さがもはや芸風としか思えない
    そこも見どころとして見ると面白さが増すかも
    • 参考になった 0
    投稿日:2017年11月05日
  • 匿名希望
    大場つぐみ+小畑健コンピの新作
    DEATH NOTE、バクマンに続く、原作大場つぐみ、作画小畑健の作品。前二作が面白かったので、正直著者買い。
    作画はさすがの小畑健で、登場してくる人物、天使、仰々しいバトル時のコスチュームの描き込みなど、さすが。天使の描き方や表紙は時に神々しさすら感じる。
    ただ、まだ完結していない作品ではあるが、設定やその活用の仕方はやや大味に感じる。DEATH NOTEでは特に前半ではLとキラの緻密な駆け引きが楽しめたが、本作では「羽」「赤い矢」「白の矢」という天使から与えられる能力が、いまいち手に汗を握るような駆け引きに活かせていない。野球場での意表を突く展開はまぁ面白かったが、さすがにやや無理があると思ってしまう部分も多々。今後に期待したい。
    • 参考になった 4
    投稿日:2016年12月17日