摩周湖ブルー 現地調査が写し出した神秘の世界

200円 (税別)

獲得ポイント 2pt (1%還元)

1931(昭和6)年8月31日、北海道・弟子屈町の摩周湖は、41・6メートルという、湖の透明度としては、当時世界一の数値を叩き出し、海外でも広く知られるようになった。それから80年の時が流れ、「神秘の湖」は、今どんな状態なのだろうか? 朝日新聞は2014年5月と8月、環境省などから特別な許可を得て、国立環境研究所を中心とする研究チームと共同で、摩周湖の現地調査を実施した。同湖の外輪山の内側は、阿寒国立公園の特別保護地区で、学術調査以外の立ち入りは禁じられている。湖面に垂直に突き刺さる崖、唯一の島「カムイシュ島」の意外に峻厳な水面下の姿、そして、探査カメラがとらえた、深部を漂うミステリアスな「雪」――。摩周湖の知られざる姿を紹介する貴重なドキュメント。自然を愛するすべての人に。※本商品は通常の書籍より文字数の少ないマイクロコンテンツです。【文字数:7858文字/単行本換算で14ページ】

カゴに追加 200 円(税別)

1931(昭和6)年8月31日、北海道・弟子屈町の摩周湖は、41・6メートルという、湖の透明度としては、当時世界一の数値を叩き出し、海外でも広く知られるようになった。それから80年の時が流れ、「神秘の湖」は、今どんな状態なのだろうか? 朝日新聞は2014年5月と8月、環境省などから特別な許可を得て、国立環境研究所を中心とする研究チームと共同で、摩周湖の現地調査を実施した。同湖の外輪山の内側は、阿寒国立公園の特別保護地区で、学術調査以外の立ち入りは禁じられている。湖面に垂直に突き刺さる崖、唯一の島「カムイシュ島」の意外に峻厳な水面下の姿、そして、探査カメラがとらえた、深部を漂うミステリアスな「雪」――。摩周湖の知られざる姿を紹介する貴重なドキュメント。自然を愛するすべての人に。※本商品は通常の書籍より文字数の少ないマイクロコンテンツです。【文字数:7858文字/単行本換算で14ページ】

レビューはありません レビューを書く
書籍の詳細

書籍一覧1冊の書籍

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。